『栄養機能食品』とは?

栄養機能食品と言われて具体的にどんなものが当てはまるのかすぐに答えられる人はなかなかいないでしょう。

いわゆるトクホマークよりは基準が緩くなっている食品ではありますが、一定基準はクリアしていることから栄養機能食品と呼ばれています。

栄養機能食品はどんな人でも利用することができるのですが、特に利用してもらいたいのが元から食が細くて食事から思うように栄養を吸収できない人です。また、栄養バランスのとれた食事を毎日取るのが難しい環境に置かれている人にとっても栄養機能食品は良いでしょう。

では、栄養機能食品とはどういった食品になるのかという点を厚生労働省のホームページから紹介していき、どんな栄養素が栄養機能食品には表示されているのか、どんな基準をクリアすれば栄養機能食品と言えるのかといった点について説明していきましょう。

栄養機能食品とは?

厚生労働省のホームページを見てみると、栄養機能食品とは・・・

「栄養素(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養素の機能を表示するものをいいます。」

「栄養機能食品は、栄養素の機能の表示をして販売される食品です。栄養機能食品として販売するためには、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります。」(厚生労働省HPより

このような説明がされています。つまり、数ある栄養素の中でもビタミンやミネラルの摂取に注目して作られている食品のことを指すのです。

あとは、栄養機能食品としての基準をクリアしていればきちんと認められて、表記を許可されるという流れになっています。

栄養機能食品として表示できる栄養素

栄養機能食品は普段の食生活の中で不足している栄養素を補うのが最大の目的となっています。よって、栄養機能食品と認められている食品については、日頃の栄養不足を補えるように作られています。

そして、栄養機能食品として表示できる栄養素もきちんと決まっています。それが、ミネラル類にビタミン類です。

ミネラル類の中にはカルシウム、亜鉛、鉄、銅、マグネシウムが含まれます。

ビタミン類にはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸が含まれます。

特にビタミン類については健康を維持する上で必要とされている種類のものを網羅しているので、栄養機能食品を利用するとビタミン不足を解消することもできるのです。これらの栄養素を毎日の食事の中で完璧に摂取するのは厳しいです。

そんな時にも栄養機能食品を利用すると効率よくビタミンやミネラル類を補給できるのです。

栄養機能食品とされているサプリメントで補えるもの

栄養機能食品になるにはきちんと基準をクリアしていないと認められません。そして、栄養機能食品の場合にはビタミン類とミネラル類を配合していることが条件となっています。ここから、以下の栄養素を補うことができるのです。

ビタミン

ビタミン不足の現代人は多いです。ビタミンが不足すると、肌荒れやニキビ、疲れやすくなり、めまいや貧血になる、妊娠している場合はお腹の赤ちゃんにも影響が及ぶといったようにいろんな点で関与してきます。

このような症状で悩んでいるときは、主にビタミンBやビタミンC、葉酸が不足しています。そんな時にも栄養機能食品でビタミンを多く配合しているものを選ぶと日頃のビタミン不足を補給できるのです。

ビタミンは野菜や果物を積極的に食べていないと吸収できません。野菜が少ない食事になっている人や果物はあまり食べない人にも栄養機能食品でビタミンを摂取してもらいたいと思います。

栄養機能食品は食の細い人だけでなく、日頃食生活が乱れがちでビタミン不足になっている人にもおすすめとなっています。

ミネラル

続いて栄養機能食品に含まれているミネラルについても触れていきたいと思います。ミネラルやビタミンは体の中で生成することができません。仮に作られたとしてもわずかな量で体を健康に維持していくには足りません。

そこで栄養機能食品を利用するとミネラルも吸収できるのです。たちくらみが多かったり、体が疲れやすい、食欲があまりない、髪や肌が元気がないというときには、ミネラル不足が関係しています。

ミネラルは桜えびやうるめいわし、海苔やわかめといった海のものに多く含まれています。よって食事でこのような食材をしっかり摂取できれば問題ないのですが、これができないという場合には栄養機能食品が便利なのです。

外食や買ってきたコンビニ弁当などは圧倒的に野菜が少なく、ミネラルが豊富な海のものもあまり使用されていません。そのためにこのような生活を続けているとミネラル不足なって体に不調が出てくるのです。

栄養機能食品は探してみると種類も豊富にあります。毎日続けられるものを選ぶには、質やコスパにも注目してみると良いでしょう。

栄養機能食品は基準をクリアできれば表示できる

栄養機能食品はビタミンやミネラルをたっぷり補給できる健康維持には欠かせない食品であるのですが、一体どのような基準をクリアして晴れて栄養機能食品と認定されたのでしょうか?

まず、一日に決められている摂取量に含まれる栄養成分量が国が定めた基準に満たしていればクリアできます。下限と上限でそれぞれ数値を定めており、この基準内に入っていればクリアということになります。

たとえばカルシウムを補給できる栄養機能食品の場合は、表示にカルシウムが骨の成長や形成に必要な栄養素であることを記載し、一日あたりの摂取量が1日3粒といったように書かれています。

栄養成分量の表示については1日の摂取量3粒の中にカルシウムがどれぐらい含まれているかという表記になっています。

つまり、1日でこの栄養機能食品を利用するとどれだけのカルシウムを摂取したことになるかが一目見てわかるようになっているのです。

また、表記の中にも1日の摂取量に含まれるカルシウムの量が栄養素等表示基準値に占める割合として○○%と書かれています。

その他には食事の補助的な役割で使用すること、つまりは栄養機能食品にだけ頼るのはやめましょうという言葉も追加されています。

栄養機能食品となるには、国に申請をして国が定めた基準値内にビタミンやミネラルが入っていると無事審査にクリアしたことになり、栄養機能食品として販売できるようになるのです。

まとめ

トクホよりはマイナーな栄養機能食品ですが、主にビタミンやミネラルを補給するために開発された食品に多く記されていることがわかります。食品といってもつまりはサプリメントの類になるものが多いです。

毎日の生活の中で摂取が難しい栄養素を、食事の補助的なものとして栄養機能食品を利用すると食事で全ての栄養素を取ろうとしなくても大丈夫なのです。つい不足しがちな栄養素を栄養機能食品を日々利用しておくことで不足しないように保つことが出来るのです。

栄養機能食品は今の私たちにとっては欠かせないものです。上手に利用しながら食事もとっていくと無理なく健康を維持できるのです。

当サイトではサプリメントは、「健康補助食品」、「栄養補助食品」、「栄養調整食品」「特定保健用食品」「栄養機能食品」「機能性表示食品」をサプリメントとして捉えています。