サプリメントとは

 

サプリメントと薬

薬とサプリメントはその性質は全く異なりますが、見た目が非常によく似ているため、勘違いされやすく、その違いを理解出来ていない事がほとんどです。

ここでは薬とサプリメントについてまとめてみましたので参考までにご覧いただければと思います。

 

サプリメントと薬は何が違う?

 

サプリメントと薬の違いを非常に簡単にまとめると下記のようになります。

  • 薬は効果効能を表記することができる。サプリメントは出来ない。
  • 薬は新薬に審査があるが、サプリメントは新商品に審査はない。
  • 薬は薬事法という法律で「医薬品」に区分されていますが、サプリメントは食品として扱われている。
  • 薬は症状に対して治療や診断、予防のために使用されますがサプリメントは栄養を補うために摂る食品。
  • 薬は基本的に副作用があるが効果が高い。サプリメントは基本的に副作用はないが即効性はなく継続が必要。
  • 薬は販売に薬剤師の免許が要るがサプリメントは要らない。
  • 薬は具体的な使用方法(タイミング)を明記する必要がありサプリメントは具体的な使用方法(タイミング)を明記できない。

※細かくいうと、サプリメントでも「特定保健用食品」は効果を表現することが出来き、審査も必要ですが、ここではまず、大きく薬とサプリメントは違うと思って頂けたら問題ないです。

しっていますか

 

さらにサプリメントは3つ、薬は2つに分類されます。

サプリメントは細かく3種に分類されます。

日本の法的には明確な定義がなく食品に分類され

  1. 特定保健用食品
  2. 栄養機能食品
  3. 一般食品

薬は2種類に分けられます。

また薬はについては「医薬品」に分類され

  1. 医療用医薬品
  2. 一般用医薬品

 

ちょっと見にくいですがこんな感じです。

サプリと薬の違い

 

一言でまとめるのは非常に難しいのですが無理やりまとめるとする

サプリとは

サプリとはビタミンを補う、ミネラルを補う。など食事代わりに栄養を補うものの全て。(上図の青色の部分)

薬とは

薬は症状に対してその診断、治療、又は予防を目的とし明らかな効果効能を求めるもの。

見た目はほとんど同じでわかりにくいかと思いますが、そもそもの分類や目的が全く異なることを認識してもらえたら大丈夫です。

さらに細かく説明し始めると、ちょっと専門的になり過ぎてしまいますので、当頁では割愛させていただきますが『いや、知りたいぞ!!』という方のために、出来るだけ難しくなりすぎないように以下にまとめてみましたので良かったらご覧ください。

 サプリメントとは
 特定保健用食品とは
 栄養機能食品とは
 一般食品とは
 医療用医薬品・一般用医薬品とは