ダイエットサプリは選び方がポイント

飲んだら痩せるという魅力的なキャッチフレーズが多いダイエットサプリですが、中には効果があるものもあり選び方がとても大切になってきます。

痩せるためには摂取するカロリーを抑えて、消費カロリーを高めることが基本ですが、痩せるのに成功した人の共通点は継続性です。サプリに限らず運動や食事制限などでも継続して行わなければ効果が出ないということです。

運動が苦手な人もいますし、食事習慣を変えることは非常に難しいことです。ですからそのような生活習慣を変えずに、運動もしなくていい痩せることを目的にしたサプリが大人気です。

種類も豊富で脂肪燃焼タイプ、糖質と脂質をブロックするタイプ、脂肪分解タイプ、基礎代謝をアップさせるもの、腸内環境を改善するタイプのものと様々です。脂肪燃焼タイプに物はその名の通り脂肪燃焼を促すことによるもので、成分は体を温める効果のある生姜やカプサイシンなどを使用したものが多く売られています。

痩せるだけでなく冷え性を改善する効果もあります。糖質と脂質をブロックするタイプはオリゴ糖などの等分や、脂肪分の吸収を阻害することで痩せると言われています。腸内環境を改善させるタイプのものは、腸内善玉菌を成分に取り入れていることが多いのですが、中には下剤のような効果のあるものもあります。

サプリメントはただ飲むだけでは効果も半減してしまいます。

水分を取りながら摂取するのが基本ですが、サプリメントによって牛乳やジュースで飲んでも構わないものもあり、必ずお水というわけではありません。水で飲むのがお勧めのサプリもあり、アミノ酸が含まれているものは基本的にお水で飲むのが一番です。

そのわけはアミノ酸はお水の吸収が早いことにあります。またお茶で飲む人も多いですが、お茶にはカフェインやカテキンなどの色々な成分が含まれているので、こうした成分はビタミンを含んでいるサプリや、ミネラル系のサプリに悪い影響を与えることがあります。お茶がいけないというわけではなく、カテキンは血圧の上昇を抑制する効果もあり、体にはとてもいい飲み物ですが、タンニンは鉄分の吸収を促しません。ですからやはりお水が一番いいということです。

またサプリを飲んでも効果が実感できないという人もいますが、やはりお金を払っている以上効果を実感できないのでは意味がありませんが、やはりどのサプリにおいてもすぐに効果が実感できるものは無いと言っていいでしょう。

ですからサプリを飲む期間をある程度設定し、痩せる目的を明確にするのがコツです。期間を設定しておけば必ず美容にも役立ってきます。最低でも2か月程度は必要です。わずかな時間で痩せることは不可能なことなのです。