医薬品とは

薬医薬品とは、一言でいえば【お薬】のことをいいます。

医薬品は”薬事法”という法律で以下の様に定められています。

■医薬品
病気の予防や治療をするために、名称,成分,分量,用法容量、効能効果,副作用について、品質・有効性及び安全性に関する調査を行い厚生労働大臣や都道府県知事が認めたもの。

【定義】
薬事法第2条1項
この法律で「医薬品とは」次の各号に掲げるものをいう

  1. 日本薬局方に収められているもの

  2. 人または動物の疾病の診断,治療または予防に使用されることが目的とされるものであって、器具機械(歯科材料、医療 用品及び衛生用品を含む。)でないもの(医薬品部外品を除く。)

  3. 人または動物の身体の構造または機能に影響を及ぼすことが目的とされているものであって、器具機械でないもの(医薬部外品および化粧品を除く)

 

医薬品は大きく2つに分類されます。

 

医薬品【医療用医薬品】【一般医薬品】です。

 

医療用医薬品

医師が病状に応じてこの薬を出してくださいと指示を出す「処方箋」が必要になります。医師の「処方箋」に基づき薬剤師が調剤し患者の手元へと渡されます。

 

一般用医薬品

医療用同様お薬ですがこちらは処方箋を必要としません。一般的にドラッグストアなどで自由に購入可能です。医療用医薬品に比べると作用も穏やかで副作用も少なく安全に作られています。

薬局・薬店のカウンター越しに手渡されることもあるため、Over the Counterdrugを略してOTC薬と呼ばれることもあります。

 

薬は体にとって異物であり毒である。

 

薬(医薬品)はある症状を治す事が大前提となります。

治療>副作用

の構図のもと使用されますので副作用を伴います。

副作用

 

用法・容量を誤ると体にとって毒となる可能性もありますので、必ず用法・容量を守るようにしてください。 

 

医薬品とサプリメント併用時の注意。

 

危険・注意

 

「こちらのページ」でも2例ほどあげましたが、医薬品とサプリの飲み併せにより、思わぬ副作用を呼ぶ事があります。

医薬品とサプリメントの併用については、医薬品については必ず医師または薬剤師指導のもとご利用頂くようにしてください。