便秘解消のために便秘の原因を知ろう!

便秘イメージ画像普通に生活を送っている中で便秘になるということは、何か決め手となる原因がある可能性が高いです。

便秘の解消を目指す前にまずは何が原因で便秘になっているのか知ることが大切です。

当ページでは考えられる便秘の原因を紹介したいと思います。自分自身に当てはまる点がないか、一度確認をしてみましょう。

当てはまる便秘の原因をチェックしよう

便秘の原因をチェック以下に便秘の原因となる要因を紹介します。チェックしながら、当てはまる原因がないかどうか確認してみましょう。

ストレス

ストレス社会と言われる現代ですが、自分を取り巻く環境がすべて順調で、快適なものとは限らず日々の生活の中で気づかないうちにストレスを溜めてしまっている人は多いハズです。

(露骨にストレスを感じてる人も少なくはないでしょう。)

つまり、ストレスが原因で起きる便秘の可能性は、誰にでもあるということになります。

ストレスが溜まっていると自律神経が乱れてきます。自律神経には交感神経と副交感神経があり、副交感神経の乱れが腸の蠕動運動に関わっています。

ストレスが溜まっていくと交感神経の方が活発に働いてしまうため、副交感神経の働きが鈍くなってしまいます。ここからストレスによる便秘になってしまうというわけです。

ストレスによる便秘を回避するためにはできるだけストレスを発散できる場を作ることが重要です。

ストレスを感じないようにすることは難しいと思うのため込まないように心がけましょう。

またストレスは便秘だけではなく大きな病気の原因にもなるので、溜め込まずに適度に発散していきましょう。

食物繊維不足

 

有名な便秘の原因の一つに栄養の偏り、特に食物繊維不足が挙げられますが、なぜ食物繊維が良いのかをご存知でしょうか。

食物繊維には、以下のようなメリットがあります。

  • 便のカサを増やしてくれる
  • 大腸の蠕動運動を促進させる
  • 腸内の有害物質を吸収してくれる
  • 善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす

このように食物繊維を摂取すると便秘が大きく改善される要因がたくさんあります。食物繊維は腸にとっては嬉しい栄養素となっているのです。

食物繊維は野菜や果物、海藻類、大豆類などに多く含まれます。よって、野菜不足だと感じている人は、手軽に食べられるものから選んでいくと無理なく食物繊維を毎日摂取することができるでしょう。

食物繊維を選ぶ際には、不溶性と水溶性をバランスよく取ることが大切になってくるので、同じ食材ばかり選ぶのではなく、上手にコントロールしていくことが大切になってきます

運動不足

ストレスを抱えがちな現代人は多いという話をしましたが、運動不足になっている人も多いのではないでしょうか。

仕事に追われて家と職場の往復くらいしかしていない、運動という運動は最近ほとんどしていないなという人もいるはずです。

スポーツ庁が平成25年1月に行った「体力・スポーツに関する世論調査」で運動不足を感じるかどうかの質問に対し、運動不足を「大いに感じる」「ある程度感じる」と答えた人は実に70%を超えています

運動不足は便秘の原因にもなるので、適度に体を動かしていくことが大切です。運動をしていないと、筋力はどんどん低下してしまいます。

私たちは普段排便するときに腹筋を使用していますが運動不足になると腹筋の力も弱くなっていくので、スムーズな排便ができなくなり便秘へとなってしまうのです。

水分不足

便秘の原因の中では一番シンプルで想像しやすいものが水分不足です。

私たちは食べたものをさまざまな器官を通って消化していきますが、水分の約80%は小腸で吸収され、残りの20%は大腸で吸収されます。

体には多くの水分が必要ですが水分が不足すると便はすぐに硬くなっていきます

そして、すっきりと排便されなかった便が腸内に留まり便秘状態になると、さらに水分を奪われていくのでより硬くなっていってしまいます。

一日に2リットルの水分を摂取しようといいますが、これを目安に積極的に水分を取っていくようにしましょう。

冷たいものばかりでなくできれば温かい飲み物を飲むようにして、ジュースよりはお茶系の方が良いでしょう。

便秘の症状からも原因がわかる

便秘のケーススタディ便秘の原因には日頃の生活習慣が大きく関係しているわけですが、すでに便秘で悩んでいて便秘の症状がわかっている場合には、その症状から原因を追求することもできます。

ここからはそれぞれの症状と原因についてご紹介したいと思います。

お腹の張りや残便感

便秘の症状として多くの人が感じやすいのが、このお腹の張りや残便感です。腸の運動が思うようにいかず鈍くなっているために、すっきりと排便できなくなってしまっています。

このような症状の時の原因として考えられるのが、運動不足、水分不足、極端なダイエット、食物繊維不足と、便秘の原因として挙げられるものの多くが当てはまります。

よって、お腹の張りや残便感が辛い時には、適度な運動を取り入れて、水分や食物繊維をしっかりと摂取していくようにしてみましょう。

このような症状を感じている場合、生活を変えていこうと意識することも大切です。

お腹の張りや残便感がなくなるだけで気分もすっきりして体調も良くなっていくので、この症状を感じた場合は早めに対処していくのがポイントです。

便秘と下痢を交互に繰り返す、まとまった便が出ない

便秘というのは全く便が出ないという状況のみではありません。まとまった便が出ずにコロコロとした状態のものしか出ないのも便秘です。

さらには、便秘かと思ったら今度は下痢といったように、お腹の調子がきちんと整ってくれない状態も便秘であるといいます。

このような症状は、精神的ストレスや生活環境の変化によって起きる場合が多くなっています。

よって、この症状を感じやすいのは職場や学校などの場が新しく変わった時、人間関係でちょっと悩んでいる時などが多くなります。

副交感神経が過度に緊張してしまっている状態なので副交感神経と交感神経をバランスよく機能させられるように、食生活を意識品がらストレスを発散することから始めてみましょう。

まとめ

当テーマのまとめ便秘の原因は、よく知られているものもあれば、まだあまり知られていないものもあります。よく聞いたことのある原因についても、便秘が辛い時にはしっかり見直して対策を取っていかないといけません。

そして、便秘の症状から原因が見えてくる場合もあるので、自分がどんな症状で悩んでいるのか振り返ってみて、そこから原因を追求していくと的確に便秘対策ができるでしょう。

私たちが現在生活している社会の中には、便秘の原因となるものがたくさん溢れていますが改善が可能なものがほどんどです。

普段の生活を規則正しく健康的に送っていくということを目標に、過ごしていけるようにすると便秘改善にもつながっていくでしょう。

>>便秘で悩んでいる人におすすめのサプリメント

2017年2月1日 便秘解消のために便秘の原因を知ろう! はコメントを受け付けていません。 便秘 腸内環境関連情報