便秘にいいと言われるセンナ茶ってどんなお茶?【副作用に注意】

便秘で苦しむ女性便秘は食事や運動といった生活習慣を改善していかないとなかなか治らないといいます。ひどい便秘で悩み続けるのも辛いですが、すべての生活を改善していくのも難しい話です。

そんな便秘を解消すべく様々なメーカーから便秘に効くと言われる商品が販売されています。飲むだけですっきり便秘を解消できると宣伝されている『センナ茶』もその1つ。

確かにセンナ茶は便秘に苦しんでいるときにはいいのですが、センナ茶には気をつけなければならないポイントがあります。

そこで当ページではセンナ茶とはどんなお茶か、なぜセンナ茶で便秘解消ができるのか、センナ茶を利用する際には注意するべきことについてまとめてみました。

センナ茶とは?

センナ茶とはセンナ茶に使用されるセンナはバラ目マメ科の植物です。日本では自生しているところはなく、主に中近東地域で自生する植物になります

センナははるか昔から漢方の中でも下剤薬として使用され便秘だけでなく健康にも良いとされ、葉っぱだけでなく果実も医薬品として認められています。

しかし、使用する際には副作用などに気をつけた方が良いお茶でもあります。

センナ茶で便秘解消できる理由

キャンドルブッシュセンナ茶はなぜ便秘解消によいのでしょうか。センナ茶が便秘解消に良いりゆうについて紹介したいと覆います。

アントラキノン誘導体が含まれているから

センナ茶に含まれている成分の中で便秘解消のときに注目したいのが、このアントラキノン誘導体です。センナの茎に多く含まれる成分で、腸の働きを活性化させてくれる効果があります。

硬くなって排出されにくくなってしまった便を柔らかくして、腸内細菌のように腸内で活発に働いてくれるのです。

2~3日で便秘に変化が現れる

センナ茶は飲み始めて数日で変化が現れるのも便秘を解消していきたい時には嬉しい点です。

早い人はセンナ茶を飲んでから1時間程でトイレに行きたくなったという結果も出ています。センナ茶の効き目は6時間から10時間後くらいに現れるのが一般的となっているので、飲む時間帯を計算して飲んでおくと家にいる間にお腹をすっきりさせることができるでしょう。

初めてセンナ茶を飲む人の場合は2~3日程度で変化が出てくるといいます。便意が自然にやってきてすっきりできるようになるので、味は慣れるまで大変ですが日課にしていくと便秘で悩むことはなくなるのです。

センナ茶は早めに効果が出るお茶になっていますが、一応1週間2週間と継続して飲んで様子を見てみましょう。体の調子もよく、便秘も順調に改善されているようであれば自分の体に合っているお茶と言えるでしょう。

センナ茶の副作用に注意

センナ茶の副作用センナ茶を飲む時には副作用があるという点も忘れないようにしましょう。では、センナ茶にはどんな副作用があるかをご紹介します。

副作用の種類

副作用の種類センナ茶に使用されているのはセンナの茎の部分になります。これは医薬品としてまだ認められていないものです。茎の部分が使用されていることで便秘解消の効果は期待できるのですが、副作用としては下痢や腹痛、吐き気といった症状を引き起こす場合もあります。

副作用の出方にも個人差はありますが、パワーがあるという点からも副作用を感じる人は多いです。

特に妊婦さんは気を付けた方がいいでしょう。妊娠すると便秘になる人も多いですが、薬ばかり飲むのは気が引けてしまいます。自然に便秘解消を促せたらと、便秘に効くお茶を検討する人は多いですが、センナ茶は腸の蠕動運動も活発にするので早産や流産を引き起こすこともあるのです。

そのため、妊娠中のセンナ茶は控えるようにして別の方法で便秘解消するようにしましょう。

また、副作用は一時的なものだけではなく大腸の蠕動運動を異常に活発にさせてしまうので、長く飲んでいると刺激に強い腸になってしまいます。

刺激に強い腸になると少しの量では便秘に効果が出なくなり、センナ茶の飲む量も増えていきます。そして、腸は自分で蠕動運動をしようとしなくなり、自分の力での排便が難しくなってしまいます。

この結果、大腸黒皮症別名大腸メラノーシスという病気を引き起こすのです。

センナのようにアントラキノン系のものを使用していると、大腸において色素沈着が起こります。

色素沈着が起きると腸管の中にある神経細胞を減少させてしまうとも言われています。神経細胞が減少すると刺激に対して鈍感になると言われており、便秘を悪化させることになるので注意したいのです。

このメラノーシスという病気以外に腸がたるみ便を溜め込んでしまう巨大結腸症という病気になることもあります。

常用は危険

センナ茶は副作用が強烈なため常用は危険です。

センナ茶は便秘には即効性のあるお茶ですが、常用するとセンナ茶なしでは排便できなくなってしまう可能性があります。やはり便秘解消するにはお茶に頼るのではなく、食事や生活習慣を改善していきながら自然と排便できるようにするのが一番です。

まとめ

テーマのまとめ便秘を薬ではなく自然由来のお茶で改善できると嬉しいと思う人は多いでしょう。しかし、便秘に効くと言われているセンナ茶については即効性のある非常に強力なお茶のため、常用すると危険な病気を招くケースもありますし、下痢や腹痛といった副作用に悩む人も出てきます。

即効性がある分、副作用には注意しないと腸にとって大きな負担となってしまいます。

センナ茶の使用をする際には十分に注意しながら、納得した上で飲むようにしてください。

出来ることなら食生活や運動などの日常生活の改善での便秘解消が理想であることは間違いありません。しかし、それが難しいことも事実です。

一時的に便秘を解消するために下剤やセンナ茶を活用することは問題がなくても常用をするとその代償は高くついてしまうことを覚えておきましょう。

ベストは日常生活の改善。次いで乳酸菌などのサプリメントで負担なく腸内環境を改善させる。最悪、下剤やセンナ茶という風に段階を踏んで便秘解消を目指しましょう。

2017年2月13日 便秘にいいと言われるセンナ茶ってどんなお茶?【副作用に注意】 はコメントを受け付けていません。 便秘 腸内環境関連情報