腸内フローラとアレルギーの関係

腸内フローラとアレルギーの関係現在アレルギー症状で悩んでいる人も多いです。どんなものに反応するかには個人差があり、いつ発症するかもわかりません。食べ物やダニ、花粉など私たちの住んでいる周りに溢れているものたちによるものです。

アレルギーは花粉症を例にするとよくわかるように一度発症すると毎年苦しむことになります。つまり、アレルギーは一度発症した時点で完全に治るものではないという認識もされているのです。

最近ではアレルギーの改善には腸内フローラが鍵を握っていると言われ注目を集めています。

そこで当ページでは腸内フローラとアレルギーの関係、腸内フローラを健康的にしていく方法、普段の生活の送り方についても触れていきます。

腸内フローラとアレルギーの関係

関係性を示すイメージ画像では腸内フローラとアレルギーにはどのような関係があるのか、さっそく見ていきましょう。

善玉菌がアレルギーに効果アリ

腸内フローラはつまりは腸内細菌の住んでいる状態を示しているものであり、その中にはさまざまな種類の細菌たちがいます。善玉菌や悪玉菌という言葉はよく耳にしますが、腸内には悪玉菌よりも善玉菌の方を多くしていきたいです。

腸内フローラの働きとしては、食べ物の消化や吸収、ビタミンの供給、脳機能に関係しているといったように腸内だけにとどまらず、全身に渡って関係してくるのです。

腸内細菌の中でも特に善玉菌がアレルギー改善に役立ってくれます。善玉菌の働きを見てみると、食べ物の消化・吸収、病原菌や有害物質の排除、免疫の正常な判断、ホルモンバランスの改善、Th1/Th2バランスの正常化・・・などとさまざまな活動をしています。

このうちの病原菌や有害物質の排除、免疫の正常な判断、そしてTh1/Th2バランス正常化によってアレルギー症状も緩和させることができるのです。

アレルギー体質は生まれつきのものと思われがちですが、日々の生活環境の中で刺激を受けており発症する例も多くあります。善玉菌はアレルギー改善に欠かせない存在であるのです。

腸内フローラのバランスが大事

腸内フローラの中の善玉菌を増やしていくことで辛いアレルギー症状も改善されるという結果が出ていますが、腸内に善玉菌ばかりでもいけません。

腸内フローラはバランスが大事なのです。

天秤のイラスト善玉菌100%の腸内が良い状態かというと、決してそんなことはありません。善玉菌は悪玉菌に勝ってこそ効果を発揮してくれるので、悪玉菌がいないとその分効果を出すことができません。

日和見菌も悪玉菌か善玉菌どちらか優勢な方につく菌となっており、腸内では一番力が強い菌となっているので必要な存在です。

善玉菌がアレルギーやその他の健康を維持していく上で大切なのは事実ですが、善玉菌の力をより実感するためには悪玉菌と日和見菌のバランスも大切なのです。

腸内フローラを健康的にしていくために

お腹を抑える画像腸内フローラをより健康的にしていくために細菌たちのバランスが重要という話をしてきました。では、この善玉菌などの菌たちのバランスをしっかり保っていくには、どんな食事をしていけば良いのでしょうか?

食物繊維を摂取する

便秘の時にも欠かせない食物繊維はやはり腸内フローラ改善にとっても必要です。

食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があるので、両方の食物繊維をバランスよく摂取することがポイントになります。

不溶性食物繊維は腸の蠕動運動を活発にしてくれるので、排便を促し腸内でも溶けにくい性質を持っています。不溶性食物繊維が多く含まれる食材としては、ゴボウ、おから、さつまいも、おくら、ニラ、カボチャ、ほうれん草、ブロッコリーなどと緑黄色野菜に多くなっています。

また、水溶性食物繊維は水に溶けやすい特徴を持っており、腸内にある食品をゼリーのように固めてくれます。粘りや保水性が高いのが水溶性食物繊維となっているので、ワカメや昆布、メカブ、もずくといった海藻類に豊富に含まれています。その他にもなめこやオクラ、アボカドなどにも含まれています。

食物繊維をバランスよく摂取することで腸内に溜まっている老廃物を便として排出してくれるので、腸内フローラのバランスも整っていくのです。

オリゴ糖を摂取する

便秘には食物繊維と言われていますが、それと同じくらい注目されているのがオリゴ糖です。オリゴ糖は善玉菌のエサとなってくれるので、積極的に摂取しておくと腸内の善玉菌を増やしていけるのです。

オリゴ糖は主に野菜や果物に多く含まれています。はちみつやバナナ、きなこ、大豆、玉ねぎ、ゴボウなどです。オリゴ糖は単体で販売もされていますが、やはり食品から摂取していくのが一番です。

果物であれば毎日デザートに食べることができ、スーパーに行くとバナナなどはオールシーズン手に入るので手軽にオリゴ糖を摂取できます。

乳酸菌を摂取する

腸内フローラを改善することでアレルギー症状を緩和させていくには、食物繊維、オリゴ糖の次に乳酸菌も必須です。

乳酸菌は発酵食品に多く含まれているので、日頃の食事の中で発酵食品を意識して食べるだけでも違います。

代表的なものにはヨーグルトがありますが、乳酸菌が豊富な発酵食品は実は身近な味噌や漬物、醤油などもあるのです。

腸内に届く乳酸菌を摂取すると善玉菌が増えていき、悪玉菌を退治してくれます。

また、最近では乳酸菌自体にアレルギー症状を緩和させる効果があると言われているので、乳酸菌を摂取しておくだけで腸内もきれいになり、アレルギーも改善することができるのです。

乳酸菌が豊富なヨーグルトを毎日の日課にして食べるだけでも変化はあります。ヨーグルトにバナナやはちみつなどオリゴ糖が豊富な果物を加えるとさらに効率よく腸内フローラを改善していけるでしょう。

同じものを食べ続けないことも大事

チーズアレルギーはいつ誰に起きるかわからない症状です。そして、身近な食物アレルギーを発症している人の中で同じものをずっと食べ続けていたという話を聞いたことはありませんか?

大好物がアレルギーとなって食べられなくなってしまうという例が多くなっており、具体的な食品を挙げるとヨーグルトや牛乳、チーズなどの乳製品や卵、小麦、かに、エビ、バナナ、パイナップル、いんげん豆、アスパラガスと幅広い食品において可能性があるのです。

目安としては好きなものはつい食べたくなりますが、同じものを週に4日以上食べないようにしましょう。

何事もバランスが大事なので、極端に同じものばかり食べているとアレルギーとなって今度は大好物を食べられなくなってしまいます。

ストレスを溜めない

ストレスで言い争う男女ストレスは知らないうちに溜まっているものです。このストレスが全く溜まっていないという人の方が今では少ないでしょう。ストレス社会と言われているほどなので、ストレスの威力は大きいと言えます。

そんなストレスがアレルギー症状の原因となるという説が出てきています。ストレスを溜め込んでいくと体の機能が弱くなっていき抵抗力も健康的な状態に比べると劣ってしまいます。

ストレスが溜まっている時の腸内は善玉菌や悪玉菌たちのバランスが崩れており、その影響は全身にも及んでいきます。

そんな時に刺激の強いものに触れたり、食べ物を食べることによってアレルギーとしてかゆみや発疹などを引き起こします。

アレルギー症状を起こしてしまって痒みなどに苦しむようになると、さらにストレスが溜まっていき悪循環になります。ストレスと上手に向き合って溜め込まないようにすることがアレルギー症状の改善にもつながるのです。

まとめ

当テーマのまとめアレルギー症状を抱えて辛い思いをしている人はたくさんいます。アレルギーはいきなり発症するので、発症したときには慌ててしまいます。

しかし、アレルギー症状を発症する原因は身の回りに潜んでいること、普段の生活環境によっていつやってくるかわからないという点を理解しておきましょう。また、食物アレルギーが多いですが、同じものをずっと食べ続けるといった極端なことも避けるようにしましょう。

腸内フローラを改善するとアレルギー症状が緩和されるといいます。

そのためには、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌など善玉菌のエサになり、腸内をきれいにしてくれる食べ物を積極的に食べていくようにしましょう。

食事の中で摂ることがベストですが、継続して摂ることが難しいようであればサプリメントを積極活用することで腸内フローラを改善することも可能です。