ダイエットサプリに使用される主な原料【ア行】page3

イヌリン

イヌリン
便秘や高中性脂肪に良いとされる食物繊維。腸内細菌の働きで分解されると善玉菌を増加させるフラクトオリゴトウに変換される。

ウーロン茶ポリフェノール

ウーロン茶ポリフェノール
ポリフェノール成分の中で烏龍茶に含まれるもの。食べた脂肪を消化させ吸収させることなく体の外に排出させる作用が高まる。「脂肪の吸収を抑え食後の中性脂肪の上昇を抑える」で有名な黒烏龍茶はウーロン茶ポリフェノールの作用である。

エゾウコギ

エゾウコギ
ウコギ科の植物。抵抗力を向上させ運動能力の向上にも一役を買う。生活習慣病に関連する薬との併用時には要注意。

n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)

n-3系脂肪酸
オメガ3脂肪酸と呼ばれる脂肪酸の一種。効果は他種にわたり、中性脂肪を減らす効果がダイエットサプリに活用される。

n-6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)

n-6系脂肪酸
オメガ6脂肪酸と呼ばれる必須脂肪酸の一種。n-3系脂肪酸と同様で効果は多岐にわたり、血中の善玉コレステロールを下げる効果がダイエットでは注目されている。

L-カルニチン

L-カルニチン
脂肪からエネルギーを取り出す行程上不可欠な成分。2002年に摂取により脂肪の燃焼を促す効果が発表されて以来人気のダイエット成分。100~500mg/日が摂取目安量。

エルカンプーレ

エルカンプーレ
アンデスに自生するリンドウ科の植物。古来より健康に良いとされて気が近年では中性脂肪やメタボの予防効果に活用されている。国内のヒト試験でも脂肪の低下・減少効果が確認されいる。

L-92乳酸菌

L-92乳酸菌
整腸作用や花粉症緩和、アトピー性皮膚炎の改善が試験で確認されている乳酸菌の一種。国内企業ではカルピス社がその効果に目をつけ健康食品として積極的に展開している。

LC1乳酸菌

LC1乳酸菌
乳酸菌の一種で整腸作用、免疫アップ効果がヒト試験で確認済み。他にもピロリ菌やウェルシュ菌を減少させる効果もある。

LB81乳酸菌

LB81乳酸菌
明治ブルガリアヨーグルトに使われている、明治独自の乳酸菌です。明治の研究では「LB81乳酸菌によって、腸内細菌バランスが整い、便秘の緩和に働くこと」が確認されています。実際にそのような働きにより、LB81乳酸菌が含まれる一部の商品には特定保健用食品(トクホ)の表示が許されています。即効性を求めての摂取と言うよりも、継続的に摂り続けることが重要とのことですから、お腹の調子を整えたい方は覚えておかれると良いでしょう。

大黄

タデ科の植物であるダイオウの根茎。日本や中国に生息しています。なお、生薬・漢方の分野では、その根茎を乾燥させたものを大黄(ダイオウ)と呼びます。大黄は、便秘改善の目的で利用されることが多い成分で、この他、腹痛の軽減や、腎機能の改善、脂質代謝の改善などへの働きが期待できます。なお、ルバーブという大黄の食用品種もあり、こちらはジャムなどに配合されることがあります。多くの場合は茎が利用され、大黄の根茎よりもソフトに作用します。

※一部画像はイメージ画像を使用しております。

>>ダイエットサプリ原料一覧ページへ