ダイエットサプリに使用される主な原料【カ行】page5

桑の葉

桑の葉

落葉樹の1つである桑。その葉っぱが、ダイエットに効果的ということでお茶としても親しまれています。 葉っぱに含まれる成分デオキシノジリマイシンが、摂取した糖分の吸収を抑制。血糖値上昇を緩やかにするなど糖尿病予防ほか、ダイエットにも効果があると期待されているのです。なお、桑の葉は「桑の葉エキス」というドリンクとして販売されているケースもあります。

ケイヒエキス

ケイヒエキス

桂皮とは、クスノキ科の常緑樹の一種で、そこから抽出されたエキスは「ケイヒエキス」と呼ばれます。漢方の生薬としても用いられますが、一般的には「桂皮とはシナモンのことである」と言った方が、分かりやすいでしょう。 そんなケイヒエキスは、皮膚の毛細血管にアプローチすることで、その機能改善することが期待されています。 肌の衰えや末端の冷え性などを感じていらっしゃる方は、注目されると良いでしょう。

ケープアロエ

ケープアロエ

ユリ科の植物で、減産は南アフリカです。便通を改善する効果があるとして、日本のみならず西洋でも用いられてきましたが、現在、その効果の強さから化粧品や食品への使用は禁止されているようです。便通を良くする効果は、ケープアロエに含まれる成分「アロエエモジン」や「アロイン」によるもの。ケープアロエが摂取されると腸内細菌の働きで、便通改善をサポートする成分に変化するのです。

ケツメイシ

ケツメイシ

便通改善やデトックスにも効果的な薬草のこと。二日酔いの改善や、美肌効果も期待できるようです。なお、J-Popの人気音楽グループ「ケツメイシ」の名も、この薬草にちなんで付けられています。ケツメイシは、エビスグサという植物の種を乾燥させたもので、漢方をはじめ民間薬としても親しまれてきました。ちなみに国内で売られている「ハブ茶」という名前のお茶は、蛇のハブではなく、このケツメイシのお茶を指します。

ケフィア

ケフィア

最近、 ケフィアヨーグルトの登場によって、一気に国内でも知名度広げた印象の「ケフィア」。もとは、コーカサス地方の伝統的な発酵乳です。 この地域では、長寿が多いことが知られており、その秘密にヤギや羊、牛などの乳を発酵させたケフィアがあるのではないかとも指摘されています。実際ケフィアには、アレルギーの改善ほか、コレステロール抑制、ガンの増殖抑制、 肝機能の再生や向上などの効果があることが認められています。

コエンザイム10

コエンザイム10

近年、サプリメントなどの形で注目を浴びている成分です。具体的にどのような働きが期待できるか理解されている方は少ないかと思いますが、体内のほぼ全ての細胞に、コエンザイムQ10は存在しています。具体的には、細胞のミトコンドリアで働き、エネルギー生産を行う上で不可欠な成分です。コエンザイムQ10は加齢とともに減少する傾向があるため、年齢を感じる方はぜひ注目されると良いでしょう。強い抗酸化作用を持つため、生活習慣病ほかお肌の健康維持への効果も期待できます。

コーヒーオリゴ糖

コーヒーオリゴ糖

腸内環境の改善や、便通改善、脂肪吸収の抑制にも効果が期待できる成分です。 摂取すると、ビフィズス菌を適正に増加させることにより、お腹の調子を整えてくれます。 実際にその効果は、特定健康用食品(トクホ)の表示が許可されているからもお分かりいただけるかと思います。 なお、このオリゴ糖は、コーヒー抽出後のコーヒー豆に含まれるマンナンから生成されます。

黒糖

黒糖

サトウキビが原料の黒色の砂糖です。サトウキビを絞り、そのまま固めることで作られます。精製された白砂糖は、糖分がほぼ100%なのに対して、黒糖の糖分は90%程度。風味の強さと、独特な甘みが特徴です。黒糖には糖分以外にカルシウムやカリウムなどのミネラル分や、色素成分の「コクトオリコ」、オリゴ糖の一種である「ラフィノース」などが含まれています。黒糖を摂取することで、ビフィズス菌の善玉菌が増加し、便通が改善したという報告もあるようです。

ココア

ココア

私たちにも大変馴染み深い飲み物です。しかしココア(純ココア)は本来、飲料そのものを指すのではなく「発酵させたカカオ豆から脂肪分を取り除いた粉末」を指します。日本国内には、すでに江戸時代の段階で伝わっていたとされますが、かつては薬として飲まれていたようです。そんなココアには、強力な抗酸化作用を持つ「カカオマスポリフェノール」や、「テオブロミン」というリラックス効果のある苦味成分が含まれます。また食物繊維やミネラルも豊富ですので、便通の改善や冷え性などにも効果が期待できます。

小麦ふすま

小麦ふすま

小麦の外側の皮を小麦ふすまと呼びます。不溶性の食物繊維(リグニンやセルロースなど)ほか、 マグネシウム、カルシウム、銅、亜鉛、鉄分も多く含まれており、便通の改善等の効果が期待できます。特に、小麦ふすまのフィチン酸という成分には、大腸がんに有効な抗酸化作用があるという研究もあるようです。 こちらは現在、お腹の調子を整える働きから、特定保健用食品(トクホ)の表示が許可されています。

ダイエットサプリ原料一覧ページへ

ジャンル別ランキングで探す

  • 燃焼系サプリランキング
  • カロリーカット系ランキング
  • 酵素・酵母系サプリランキング
  • 腸内環境改善系ランキング
  • むくみ解消サプリランキング
  • 置き換えダイエットサプリランキング

サプリで解決!お悩み解決方法

  • とにかく大幅減量したい
  • 短期間でダイエット
  • お腹の脂肪を減らしたい
  • 健康的に痩せたい
  • 便秘を解消したい
  • 下半身デブを解消したい
  • 太りたくない
  • できるだけお金をかけずに痩せたい