ダイエットサプリに使用される主な原料【サ行】page2

ショウガ

ショウガ
薬味として用いられるほか、飲料に配合されることもあります。ショウガは、アジア圏原産の多年草です。血液循環のサポートによる体への温熱効果ほか、消炎作用、解毒作用などが期待できます。風邪の時期などには、特にショウガがクローズアップされますが、これは上記のような効果が期待できるためです。なお、たんぱく質と一緒に摂取すると、その消化をサポートしてくれるため、大変相性が良いです。

植物性乳酸菌K-1

植物性乳酸菌K-1
植物性乳酸菌K-1は、お米から分離された乳酸菌。整腸作用ほか、細胞の遺伝子にダメージを与える物質(変異原性物質)を除去するような作用があります。 日本人にはなじみ深いお米由来の乳酸菌ということで、日本人の体質に合いやすいとも言われているようです。 現在、国内の一部ヨーグルト製品などに、植物性乳酸菌K-1が配合されています。なお、酒粕から分離された「K-2」というという植物性乳酸菌もあります。

食物繊維

seni
食品に含まれる、人体の消化酵素では消化されない成分のことです。近年、注目度が高まっていますが、実際に、生活習慣病や心疾患などの予防に効果が期待できるということで「第6の栄養素」などとも呼ばれています。 なお食物繊維にはいくつかの種類があり、水溶性のものではコレステロールの低下や血糖値の安定、不溶性では便通の改善などが期待できます。成人の男女においては、1日に15グラム以上の摂取が望ましいと言われていますが、実際の摂取量はなかなか届いていないよう。そのため積極的な摂取が望まれます。

白インゲン豆

shiroingen
その名前通り、白色のインゲン豆です。こちらに含まれるハセヲ難民という成分は当の吸収を抑える効果をしてくれます。そのため炭水化物中心の食事をされている方などは、肥満防止、ダイエットなどの目的で摂取されると良いかもしれません。実際に、白インゲン豆から抽出されたエキスを、1日に0.5グラム飲み続けたところ、体重・体脂肪の減少が確認できたという研究もあるようです。

ジンゲロール

shouga
生のショウガに含まれる成分で、辛みがあります。 ショウガの英語名はジンジャーですが、ジンゲロールはこの英語名に由来しています。 さて、ジンゲロールには、免疫力の向上、血流の改善、冷え性の改善などの効果が期待されます。また、コレステロール値の低下ほか、ダイエットにも効果が期待できるようなので、 女性はぜひ注目したい成分と言えそうです。

ジンゲロン

jin2
生姜の辛味成分の一種です。 同じくショウガの成分である、ジンゲロールを加熱または乾燥させることによって生成されます。こちらは、血液循環のサポートによる体を温める作用と、内臓の働きをサポートする作用があります。 そのため、冷えの改善ほか、発汗作用、内臓脂肪燃焼などに効果が期待されているようです。 また、血行改善や、腸のぜん運動の活発化によって、便通の改善も期待できるとされています。 さらに、ジンゲロンが胃液の分泌をサポートするため、健胃の作用があり、消化のサポートや食欲増進が期待できます。

水素水

suisosui
水素を飽和状態になるまで濃縮注入した水です。水素は、体内で増えすぎた活性酸素と結びつくことによって、無害化するような効果が期待されています。水素水の中でも一般的とされる「中性水素水」は、ストレスの軽減ほか、筋力低下の抑制、初期の糖尿病や動脈硬化に対する改善が期待できるようです。 最近では、一般的な飲料としてコンビニエンスストアなどでも取り扱われているほか、サプリメントのような形でも発売されています。

スピルリナ

スピルリナ
藻の一種であるスピルリナは、アミノ酸やたんぱく質を中心に、糖質、脂質も含まれるほか葉緑素が豊富。葉緑素(クロロフィル)には、ダイオキシンなどの有害物質と結びつき、その排出を促す作用が期待できます。なお、スピルリナには、カルシウム、β-カロテン、鉄などのミネラルが豊富で、食物繊維も含まれます。そのため、日常生活で不足しがちな栄養分を効率補う目的でも役立つでしょう。なお、1日の摂取目安は、5〜10グラム前後とされています。

セイヨウタンポポ

西洋タンポポ
世界各地で自生しているタンポポで、国内でも春先になると道ばたで花を付ける様子が確認できるかと思います。西洋では食用、アジア圏では薬の用途で昔から親しまれてきました。日本では、サプリメントやお茶での摂取が一般的。胆のうや肝機能の改善、便通改善、利尿作用などが期待されており、女性からの人気も高いようです。なお、根を乾燥・焙煎した飲み物は「タンポポコーヒー」と呼ばれます。

セリシン

セシリン
セリシンは蚕(かいこ)の繭、つまりシルクから取れる天然たんぱく質です。その大きな特徴は、大変高い保湿力。セリシンを構成する18種のアミノ酸は、組成がNMF(天然保湿成分)に似ており、肌なじみも良いようです。また、抗酸化作用が高く、UVカットの効果も高いと言うことでスキンケア化粧品に配合されているケースもあります。なお、セリシンは化粧品の他、健康食品、医療用途、衣類にも利用されています。

※一部画像はイメージ画像を使用しております。

>>ダイエットサプリ原料一覧ページへ