むくみの原因や対策を知る重要性。大きな病気が隠れている可能性も!

むくみの原因と対策を知ろう

むくみの原因や対策についてきちんと知りたくありませんか?

原因を知らなければ、ちゃんとした対策をすることができません。むくみの原因は一つではないので厄介です。

むくみ中には重大な病気のサインとなる危険なむくみも存在します。むくみについてきちんと知れば、日頃から予防や対策も可能です。

当ページではむくみの原因や対策を紹介したいと思います。

むくみのメカニズムについて

むくみのメカニズムについて

むくみはどうして起こるのでしょうか?むくみを知るためには、人間の体のことをまずは知らなければなりません。

人間の体の約60%は水分と言われています。半分以上水で作られていることになりますが、その60%の内2/3は、細胞の中に存在しているのです。

これは細胞内液と呼ばれるもので、残りの1/3は細胞の外に存在しています。細胞の外にある水分は、細胞外液というものです。

細胞外液は血漿水として血管内を流れています。細胞外液の残りは血管の外、細胞と細胞の間にあるのです。血管外の細胞と細胞の間にある水分は組織間液と呼ばれています。

毛細血管の血圧が上昇したり血管内のタンパク質濃度の低下、タンパク質や水分を毛細血管が通しやすくなるとむくみが生じると考えられています。

細い毛細血管にも血圧がかかっているのですが、それは血管内の水分が外に出ようとしている状態なのです。

しかし血管内にはタンパク質もあり、浸透圧によって血管から水分が出ないように防いでいます。

健康な時には、血管から出ようとする水分とタンパク質のバランスが保たれていますから通常はむくみません。しかし何かしらの原因によってこのバランスが崩れると、むくみが出て来ると考えられています。

むくみは一過性のものと危険な病気が隠されているケースがある

むくみに隠れた危険性

むくみは一過性のものもありますが、その裏に重大な病気が隠されているケースもあるので油断できません。

むくみができた時、一過性のものか病気が原因なのかきちんと見極めることで慌てなくて済むでしょう。

病気が原因のむくみでしたら、病院を受診することにより病気の早期発見が期待できるのです。

長い時間立っていると足に血液が溜まる

一過性のむくみで良くある原因として、長時間立ち続けることで起きるむくみがあります。

長い時間、立ちっぱなしの仕事をしている人で良く見受けられるものです。この世界には重力が存在しています。長時間立っていると、重力によって血液は足に溜まりがちとなってしまうのです。

そうすると静脈圧が高まり、結果、血管へ戻るはずの水分を受け入れづらくなるのです。

立ち続けていると足がむくんでしまうのは、重力と体内のメカニズムが働いていることが原因と考えられています。

不規則な生活習慣や睡眠不足で疲れ気味

不規則な生活習慣や睡眠不足になると、体にさまざまな不調が出て来ます。

若いうちは体力があるので少しぐらい不規則な生活習慣だとしても、目立った問題も出ずあまり気にならないかもしれません。(もちろん油断は禁物ですが)

しかし、不規則な生活習慣や睡眠不足を繰り返していると実感があってもなくても体の中には疲れが蓄積されてしまうのです。

疲れが溜まれば正常だった皮膚組織の水分バランスが崩れてしまいます。スムーズに行われていた心臓の血液循環機能も低下してしまうので、むくみが生じやすくなるのです。

そのため、むくみ予防を考えるなら、不規則な生活習慣や睡眠不足には気をつけたほうが良いでしょう。

運動不足で足に水分が溜まりやすくなっている

運動不足によってもむくみが生じてしまいます。人間の体には血液が流れているのですが、足にある血液は重力に逆らって再び心臓へ戻るため上へ向かわなければなりません。

そのことと密に関連するのが運動不足と筋肉。

運動不足になれば筋肉が衰えてしまいます。足の筋肉は収縮することで血液を循環させるポンプのような役割を持っています。だから足の血液が上がっていけるのです。

しかし、運動不足によって筋肉が衰えれば、ポンプ機能が十分に働いてくれません。そのため血液が静脈を通って戻る力がないため、足に水分が溜まる結果となります。

これが運動不足がむくみの原因となる理由です。

他にもポンプ機能が低下すれば毛細血管の隅々まで血液が流れなくなるため血行不良や冷え性が起き、それが原因となってむくみが起きると考えられています。

タンパク質不足

むくみのメカニズムとして、血液中のタンパク質が関連することはすでに述べました。人間はタンパク質を食事によって摂り入れています。食べ物でタンパク質を摂り入れるなら肉が多いでしょう。

しかし肉をガツガツ食べ過ぎるとすぐメタボ体型になってしまいます。

一般的に「太ってしまうのはイヤ!」という人は多いでしょう。国や人種の価値観や個人によっても評価は大きく変わりますが、スリムな人のほうが「素敵」「魅力的」という考えのほうが多いですよね。

特に日本では、メタボの人は自己管理ができていない結果と批判されることもあります。だから人々はダイエットをし、スリム体型を目指します。

しかし、ダイエットにも健康的な方法と不健康な方法があります。ゆるゆるとゆっくり無理せず痩せていくのは良いのですが、問題は無理をしてでも急激に痩せようとすることです。

「肉を食べ過ぎると太る!」と思い、極端に食べるのを止めてしまう、無理な断食、さらには太るのが怖いので食べてすぐ吐くを繰り返すとなれば、それは拒食症が考えられ不健康を通り越し病気になっている異常な状態です。

過剰な食事制限で肉を食べないとなれば、タンパク質が不足するのもしかたありませんよね。もちろん血液中のタンパク質も減ります。血液の浸透圧にも悪い影響を与えることになって、むくみが生じるのです。

塩分の多い食事を摂り過ぎている

塩分の多い食事を摂り過ぎるのも、むくみを引き起こしてしまいます。

個人の好みもありますが、味の薄い味付けの料理だと「ものたりないな」と感じる人もいるでしょう。

しかし。味付けの濃い料理は塩分が多くなりがちです。塩分を摂り過ぎると、体内に不要な水分まで溜めることとなりそれがむくみを引き起こします。

むくみやすい人は自分の食生活を振り返ってみてください。毎日、多くの塩分を摂り過ぎていることはありませんか?

塩分が多いようでしたら意識して、レシピや献立を塩分控えめなものに変えましょう。

むくみに病気が隠れているケースも

むくみに病が隠れているケース

一過性のものではなく病気が原因となるむくみは特に注意が必要です。むくみの原因となる病気として「腎臓」「肝臓」「心臓」のトラブルが挙げられます。

腎臓の病気がむくみを発生させる

腎臓は血液を濾過し、老廃物や塩分を尿に変えて排出する役割を持った臓器です。体に必要なものがあれば再吸収する役割も持っています。塩分や水分の排出量をコントロールすることで血圧にも影響を与えてしまうので、生きるためにも重要な臓器と言えるでしょう。この腎臓にトラブルが起きると、むくみが生じます。

腎臓に異常があれば、多くの場合その機能は低下します。そうすると体内の余分な水分や塩分を外へ出せず体内に溜まるというトラブルが発生するのです。尿の中に必要なタンパク質まで出るタンパク尿になれば、体内の水分バランスが乱れることとなります。そしてむくみができるのです。

腎臓は病気になったとしても、初期段階では自覚症状があまり出ないと言われています。しかしむくみが、腎臓トラブルの大きなサインになることが少なくありません。

腎臓の不調が進むと、腎性浮腫が見られることもあります。腎臓の機能が低下することで起きるむくみは良く見られるもので、手や足だけではなく顔にも出て来るのです。

腎臓の異常によってむくみが起きた場合、考えられる病気として「ネフローゼ症候群」「糖尿病性腎症」「急性糸球体腎炎」などの可能性があるようです。むくみが激しいようでしたら、腎臓の病気が考えられますのですぐにでも病院で受診する必要があるでしょう。

肝臓機能が低下することでむくみが

むくみが起きた時、腎臓だけではなく肝臓にも注意しなければなりません。肝臓の機能が低下することで起きるむくみもあるからです。肝臓は物理的に大きな臓器なのですが、司っている役割もたくさんあります。

例えば体に必要となるタンパクの合成、栄養を貯蓄する役目、有害物質の解毒や分解などを行っているのです。ある意味、肝臓は体の中のエコサイクル工場、生産工場と言えるかもしれません。

そのため、肝臓と同じ役割を持った工場を人工的に作ろうとすると、不可能、あるいは東京23区ほどのかなり巨大な規模になると考えられています。

肝臓機能が低下するとアルブミンというタンパク質の合成が上手く行かなくなります。このアルブミンは血液の中で水分を留める重要な役割を持った物質です。もしアルブミンが合成できなければ、血中の水分濃度が低くなります。

すると消化管を流れた血液が集まって肝臓へ流れる血管「門脈」の血圧が上昇することになるのです。

そのため水分の排出が阻害され、水分やナトリウムが体に留まることになります。それがむくみを引き起こしてしまうのです。肝硬変になると、この肝性むくみが現れることも知られています。

肝臓のトラブルは命にも関わるものです。腎臓が原因のむくみと同じようになかなか治まらない状態でしたらすぐ病院を受診したほうが良いでしょう。

心臓の力が弱くなっている可能性がある

心臓の力が弱まっていることで起きるむくみにも注意しなければなりません。心臓が病気になった場合、もちろん心臓の機能は低下してしまいます。心臓は体に血液を送り出す重要な臓器。しかしその心臓にトラブルがあれば血液を送るポンプとしての役割も低下するので、血液のめぐりも悪化するのは必然でしょう。

心臓でトラブルが起きて血液のめぐりが悪くなれば、他の臓器にも悪影響を与えることに。例えば腎臓。血液のめぐりが悪くなり、腎臓の働きも悪くなれば尿が作られなくなることになります。そうすると体に水分が溜まることになってむくみが出て来るのです。

心臓は右心室と左心室に分けることができます。右心室に問題があると、全身にむくみが生じると考えられています。左心室に問題があれば、肺に水が溜まり肺水腫という病気も引き起こされるそうです。

むくみを引き起こす心臓の病気として、心筋の一部が壊死する心筋梗塞や左心室の拡張や収縮障害が起きる拡張型心筋症の可能性も考えられるようです。

どちらにしても、心臓の病気全般は命に関わります。むくみが心臓病のサインかもしれないので、早目に病院を受診したほうが良いでしょう。

むくみ対策を実践しよう

対策

むくみの原因を知っただけでは、予防するのはむずかしいものです。大切なのはむくみの原因を知った上で、発生しないよう対策をすることです。

日常的にちょっと意識をすれば簡単にできる対策をご紹介します。対策を実践することで、むくみ予防ができるのです。

ビタミンB1やB6を摂ろう

日頃の食事でむくみに効果が期待できる食べ物や栄養素を摂り入れてみましょう。

むくみ対策に効果が期待できる栄養素は、ビタミンB1やビタミンB6です。

ビタミンB1は糖質の分解をサポートしてくれるだけではなく、血液をサラサラにしてくれます。

ビタミンB1が含まれている食べ物として、豚肉、まいたけ、大豆、うなぎetc.むくみが気になる方は積極的に取るようにしてみましょう。

ビタミンB6も、むくみ予防に効果が期待できます。ビタミンB6も、ビタミンB1と同じように、ドロドロ血液をサラサラにする助けとなってくれるのです。

他にむくみと大きく関連するタンパク質の分解もサポートしてくれるだけではなく、ホルモンバランスを調整すると言われています。

女性の場合、月経前になればむくみがちになることもありますよね。

ビタミンB6が含まれた食べ物を食べれば対策になりますので積極的に食事へ摂り入れましょう。ビタミンB6が含まれる食べ物として、マグロやカツオ、鶏肉、バナナなどがありますので、むくみが気になる人は食べてみてください。

ただし、むくみに良い食べ物だからと言ってどか食いや偏食と言った暴飲暴食には注意しなければなりません。また味つけをなるべく薄くすることがポイントです。

加工食品は味がとても濃いので、むくみが気になる人は意識して控えるようにしてください。

ビタミンB1が含まれる食材 ぶた(ヒレ・もも)・まいたけ・大豆・豚肉・うなぎ(蒲焼き)・たらこ・すっぽん・のり
ビタミンB6が含まれる食材 とうがらし・かぶ(つけもの)・こんにゃく・にんにく・マグロ・カツオ・鶏肉・バナナ・パセリ(乾燥)・バジル(粉)

塩分やアルコールの摂り過ぎに注意しよう

むくみ対策を本気で考えるなら、塩分やアルコールは控えたほうが良いでしょう。塩分が多い食品の代表格として、インスタント食品やスナック菓子が挙げられます。

小腹が空いた時、ついついスナック菓子を何袋も開けてしまう人も多いかもしれません。しかしその結果むくみにつながるのです。

仕事で疲れた時に飲むビールは爽快感を与えてくれます。飲み会があったら、テンションも上がってついついお酒を飲み過ぎてしまう人もいるかもしれません。

しかしアルコールをたくさん飲むと血管内脱水が起きることもあるようです。

血管の中の水分が少なくなった状態になり、血液の濃度が高くなってドロドロに。そしてむくみも作り出されてしまいます。

お酒を飲む時には、つまみを口に放り込むこともありますが、塩っ辛い食べ物も多いですよね。塩分の多いつまみにも注意しなければなりません。

むくみ対策をしたいなら、塩分やアルコール類を摂り過ぎないよう日頃からくれぐれも気をつけるようにしてください。

リンパマッサージにむくみ解消が期待できる

むくみがあるならリンパマッサージを行うのも良いでしょう。

体には血管以外にもリンパ管という管が張り巡らされています。このリンパ管の中には、リンパ液が流れているのです。リンパ液は体内で不要な細菌やウイルス、老廃物などを回収、排出をする役割を持っています。

リンパ管はそのリンパ液が流れている排水溝みたいなものと考えておけば良いでしょう。

リンパ液が回収した老廃物はリンパ節という部位で濾過されています。ただ、リンパ管の流れは非常にゆっくりなんですね。血管は心臓や筋肉のポンプ機能があるので流れが早いのですが、リンパ液にはポンプがありません。

リンパの流れが悪くなれば、老廃物や水分が溜まりやすくなってそれがむくみにつながります。

このリンパの流れを良くしたいなら、リンパマッサージを試しても良いです。リンパマッサージはリンパ管やリンパ節やリンパの流れを理解すれば自分でもできますが、本格的にケアをしたいならプロのマッサージ師に頼んでみるのも良いでしょう。

まとめ

テーマのまとめ

むくみは一過性のものもありますが、病気が原因となるのも忘れてはいけません。

塩分を控えめにしたり、リンパマッサージでもなかなかひどいむくみが改善されない、いつまで経ってもむくみが治まらないなら、腎臓や肝臓、心臓と言った臓器に問題があるのかもしれません。

むくみがなかなか治まらないのでしたら、一刻も早く専門医に相談をすることが大切です。

ジャンル別ランキングで探す

  • 燃焼系サプリランキング
  • カロリーカット系ランキング
  • 酵素・酵母系サプリランキング
  • 腸内環境改善系ランキング
  • むくみ解消サプリランキング
  • 置き換えダイエットサプリランキング

サプリで解決!お悩み解決方法

  • とにかく大幅減量したい
  • 短期間でダイエット
  • お腹の脂肪を減らしたい
  • 健康的に痩せたい
  • 便秘を解消したい
  • 下半身デブを解消したい
  • 太りたくない
  • できるだけお金をかけずに痩せたい