むくみ解消の助けになるお茶やハーブティ!対策になる栄養素をご紹介

むくみ解消をサポートをしてくれるお茶があるのはご存知ですか?

お茶の歴史はとても古く、種類も非常に豊富です。一般的に日本人が多く飲んでいるお茶と言えば、麦茶やウーロン茶や緑茶です。

しかしむくみ解消を助けるお茶としては、ハーブティーもあります。むくみ解消のためにお茶やハーブティを飲みはじめませんか?

当ページではむくみ解消のお助けになるお茶やハーブティーについて紹介します。

日本のお茶の歴史

お茶の歴史をご存知ですか?自然に生活へ溶け込んでいるお茶ですが、発祥は日本ではありません。

お茶の起源は中国にあります。お茶にはどんな歴史があり、日本に渡って来たのはどんな経緯があったのか知ってください。

お茶の起源は中国にあり

お茶の起源は3世期の三国時代まで遡ることができます。

中国の三国時代と言えば、映画やマンガや小説やゲームでも取り扱われることも多い、魏、蜀、呉でおなじみの時代です。その三国時代に書かれた広雅(こうが)という辞典にお茶が登場しています。

当時のお茶はチャノキが原料でした。しかしこの時代のお茶は、現代とはかなり異なっていたようです。

広雅に記されたお茶ですが、茶葉は餅状に丸めてあぶり餅のようについてお湯をかけ、そこにみかんの皮やねぎやしょうがを混ぜて飲んでいました。お茶というより、スープに近いものだったようです。

三国時代、お茶とお酒と同等のものとして扱われお客をもてなすために出されたり、社交の場でも飲まれるようになりました。

日本には奈良~平安時代に伝わったと考えられています

日本でお茶の歴史がスタートしたのは、奈良から平安時代と考えられています。当時、中国は文化の最先端を進んでいました。日本でも中国の文化や制度を勉強するため、遣唐使や留学僧が海を渡ったのです。

遣唐使や留学僧が中国の文化を持ち帰りましたが、その中にお茶があったと考えられています。平安初期の歴史書「日本後記」には、大僧都永忠が嵯峨天皇に茶を煎じ差し上げたことが記載されています。

この大僧都永忠、最澄や空海と同じ時代の僧侶で遣唐使として長く唐に渡っていた人物でした。当時のお茶は貴重品で、貴族階級や僧侶という特別な階級の人々しか飲めなかったそうです。

どうしてお茶がむくみ解消の助けになる?

どうしてお茶がむくみ解消の助けになると考えられているか不思議ですよね。簡単に言えば、むくみ解消の助けとなる成分がたくさん含まれているからです。

むくみ解消に良い成分が含まれているから

人間の体はほとんど水分で作られています。むくみはその水分が、何かしらの原因で過剰に増えてしまったような状態です。そのため過剰な水分を体から追い出すことが、むくみ解消の一つとなります。

お茶には色々な成分が含まれていますが、その中に利尿作用を助ける成分が入ったお茶もあります。むくみを考えた場合、塩分の摂り過ぎにも気を付けなければなりません。塩分がたくさん含まれている食べ物を食べると、体の中のナトリウム濃度が高くなるからです。

体はナトリウム濃度を低くするため水分を溜め込もうとし、それがむくみにつながると考えられています。塩分を摂りすぎた場合も体内から排出しなければなりません。

そのような意味でも排尿を助けてくれる成分が入ったお茶を飲むのは良いことなのです。他にも腎臓や肝臓の機能を助けてくれる成分が入ったお茶もあります。だからむくみ解消に期待できるのです。

むくみ解消が期待できるお茶の種類

むくみ解消の助けとなる成分が入ったお茶の種類をご紹介します。簡単に手に入る物が多いので、日常の食事やリラックスタイムに摂り入れてみてください。

ヨクイニンが新陳代謝を高める「はと麦茶」

はと麦茶にはヨクイニンという成分が含まれています。ヨクイニンとは、ハトムギの皮を除いた種です。新陳代謝や余分な水分の排出を助けると言われています。

ビタミンB1やB2や鉄やカルシウムもあり、栄養価が高いお茶として健康対策にも良いお茶です。

「どくだみ茶」にはお通じを良くするクエルシトリン

どくだみ茶にはクエルシトリンという成分が含まれています。クエルシトリンは、排便や排尿を助けたり、炎症対策もできる成分と言われています。

むくみ解消だけではなく、体から毒素を追い出したい人にも飲んで欲しいお茶です。

しかし注意しなければならないこともあります。どくだみ茶を過剰に摂取すると、不整脈や手のしびれや意識を失うと言った副作用もあるそうなので飲み過ぎに注意が必要です。

「スギナ茶」の利尿作用で老廃物を排除

スギナ茶はミネラル分が豊富に含まれています。カルシウムやリンやマグネシウムだけではなく、排尿を助けるカリウムもたくさんあり、むくみを解消したいなら飲んで欲しいお茶です。

デトックスやアンチエイジングを補助するビタミンEもあるので、むくみだけではなく美容を考える人も飲んでみてください。

別名減肥茶と言われる「プーアル茶」

プーアル茶は余分な脂肪を取り除くのを助けてくれると言われており、ダイエットにも良いお茶として知られています。

水太り対策にも良いようなので、むくみを解消したい人や、ダイエットを考える人は飲んでみてください。

美容にも良い成分が含まれる「黒豆茶」

黒豆は余分な水分を排出を助けてくれる成分があると考えられています。イソフラボンやアントシアニンやサポニンと言った成分が、むくみに良いと言われているのです。

イソフラボンは黒豆の胚芽部分にたくさん含まれています。イソフラボンは、更年期の症状や高血圧、肥満と言った生活習慣病対策になると言われているのです。

アントシアニンはポリフェノールの一種で、脂肪の吸収や排出を促す助けになるそうです。

活性化酸素を除去の補助や血液をサラサラにすると言われているので、むくみ対策にもつながります。ダイエットを考える人にも黒豆茶は良いかもしれません。

「ごぼう茶」はポリフェノールや抗酸化力が高い

ごぼう茶で使われているごぼうは、昔から親しまれた野菜です。実際、江戸時代の書物にごぼうの薬効が紹介されているぐらいなので、古来より健康に良いと考えられていたようです。中国では漢方の素材としても使用されてきました。

ごぼうはポリフェノールの量や抗酸化力が非常に高く、食物繊維も豊富でイヌリンという成分も含まれていますが、肝臓機能を助けるとも言われています。

むくみの原因には肝臓が関連していることも多いので、ごぼう茶はむくみ対策につながるのです。

カリウムは排尿の助けとなりますし、新陳代謝を補助するアルギニン、老廃物の処理や肝臓機能に関連するアスパラギン酸もありますのでむくみ対策として飲まれるのも良いはずです。

「ハーブティー」もむくみ解消が期待できます

ハーブティーもお茶に負けず劣らずむくみ解消に役立つ成分がいっぱいです。ハーブティの歴史もお茶の歴史と古く健康維持に良いと言われていますので、賢く日常生活に摂り入れてください。

ハーブティーの歴史は古く長い

植物を乾燥させお湯で煎じて飲む飲み物がティーです。一般的に良く飲まれているのは、紅茶や緑茶やウーロン茶でチャノキで作られています。

このチャノキのティーの歴史はとても古いです。一説によると紀元前2700年頃までさかのぼれると言われています。

中国大陸に神農という農業の祖先と言われる人物がいました。チャノキのティーは、この神農が編み出したと考えられています。最初は薬としての利用でしたが、徐々に香りや味を楽しむ嗜好品として愛されるように成り、ヨーロッパ大陸に伝わって世界中に広まりました。

植物で健康を得ようという考え方は、紀元前に生まれたと言われています。ハーブから薬効を得るという考え方は、5000年以上の歴史あるインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」でも見られるそうです。植物の薬効を得ようと食べるだけではなく、成分を抽出する方法も考えられました。

ハーブティーの歴史を考える上で、古代ギリシアで医学の祖と呼ばれるヒポクラテスの存在も忘れてはなりません。ヒポクラテスは260種類上の薬草から、400種類以上の処方を編み出したと言われています。その中にハーブを水で似て飲むというものもあったそうです。

古代ローマでもハーブ研究は行われました。しかしキリスト教が広がると、徐々に停滞したのです。キリスト教では薬学や医学は魔術や呪術として考えられていました。

しかし16世紀の宗教改革で修道院でしか知られていなかったハーブの知識を、庶民も触れられるようになったのです。二十世紀になると、ハーブティーを愛する人は増えていきました。

むくみ成分が含まれているハーブティー

むくみ成分が含まれているハーブティーと言えば、どんなものを思いつきますか?一般的に名前を知られているハーブティーもたくさんあります。ハーブティで上手にむくみを解消してください。

広い年代で安心して飲める「ルイボスティー」

ルイボスティーにはフラボノイドや、亜鉛や鉄やマンガンと言った体に必要な必須ミネラルも豊富で、原産地のアフリカでは奇跡のお茶と言われているぐらいです。

抗炎症作用や便秘、血行促進やむくみや冷え性、ダイエットや肌トラブル対策に良いと考えられているからです。

ルイボスティーはノンカフェインで刺激が少なく、お子様からご高齢の方まで気軽に飲むことができるティーと言えます。利尿作用が期待できるカリウムも豊富に含まれているので、むくみ解消や対策に良いのです。

「ハイビスカス」のカリウムで体内の水分排出

ハイビスカスはクエン酸やカリウムが豊富に含まれています。疲れている時や激しいスポーツをした後の水分補給にクエン酸は良いと言われているのです。

むくみは体内の水分が過剰に増えている状態であり、体外へ出さなければなりません。その場合もカリウムが豊富に含まれているので、むくみ対策に良いと考えられています。

「ダンデライオン(たんぽぽ)」に利尿効果あり

ダンデライオンという花をご存知ですか?これは日本でも見られることができる花です。その正体はたんぽぽ。英語圏ではダンデライオンと呼ばれています。

たんぽぽの葉っぱのギザギザした形が、ライオンの歯に似ているとあるフランス人が思ったからなんだそうです。このダンデライオン(たんぽぽ)がむくみ解消に役立ってくれます。

ダンデライオンはビタミンだけではなく、カリウムやイソクエルシトリンが豊富に含まれており、水分排除の助けとなります。実際にフランスではおねしょのハーブと呼ばれているという話も。

根に含まれているタラキサシンも、肝機能を補助すると考えられています。

むくみ解消に良いお茶の飲み方

むくみ解消のためには、お茶の飲み方にもこだわってみてください。お茶の飲み方次第で、含まれた成分の助けを十分に得られないこともあるからです。

あったかいお茶で飲む

むくみ対策のためにお茶を飲むなら、冷たいものより温かいお茶を飲んだほうが良いです。冷たい飲み物では腎臓や内臓の負担になるからです。

温かいお茶は腎臓に負担をかけないと考えられています。だから水分の排出が上手くいきやすくなるのです。外へ持って行く場合も、保温ポットを利用すると良いです。

工夫次第でハーブティを飲みやすく

ハーブティの中には、クセが強く飲みづらいものもあるかもしれません。そんな時はフルーツやドライフルーツを入れてみてください。

フルーツには健康維持に役立つビタミンやミネラルも豊富に含まれており味の楽しみも広がります。

ティーを飲む時フルーツを利用するなら、フルーツを刻みハーブと共にお湯で蒸らしてこしてカップに注いでみてください。輪切りにしたフルーツをカップに入れ、ハーブティと共に食べたり飲んだりするのも良いです。はちみつやジャムを使えば、その甘みだけでも飲みやすくなります。

お茶は飲みすぎるのもダメ

どんなに体に良いと言われるものでも飲みすぎてはダメです。過剰に飲み過ぎることで、体に悪影響を与えることになるので注意してください。

体への悪影響も考える必要が

古来お茶は薬として利用されてきたことは忘れてはいません。それだけ健康維持に良いと考えられていたからです。しかし強い薬も同じように、副作用があるのは注意しなければなりません。

むくみ対策になる成分、例えばカリウムがたくさん含まれたお茶を飲みすぎれば腎臓や肝臓、その他の臓器に負担をかける可能性もあるのでほどほどにしてください。

まとめ

テーマのまとめ

むくみは体内の水分を上手に出せていない状態です。むくみに良い食べ物はありますが、料理が苦手だったり量の問題もあるので気軽になかなか摂れませんよね。

しかし、お茶やハーブティなら気楽に飲むことができます。むくみ対策になる成分が入ったフルーツをハーブティと一緒に食べるのもOK。お茶やハーブティで、賢くむくみを解消したいですね。

ただし、当ページで紹介したように、ただ、お茶を飲めばいいだけではありません。どんな種類のお茶をどのようにして飲むのかによってむくみ解消に対する体感は違ったものとなるでしょう。

むくみに対する悩みがそれほど大きなものでない場合は色んなお茶を色んな飲み方で飲んでみてご自身に合うものを見つけられると、日常的にむくみケアをすることが出来るので素敵ですよね。

職業や体質的にむくみの酷い方にはサプリメントの活用もオススメです。

実際の使用者の口コミ情報を基にしたむくみケア系サプリメントのおすすめランキングがありますので気になる方はそちらもチェックしてみてください。

ジャンル別ランキングで探す

  • 燃焼系サプリランキング
  • カロリーカット系ランキング
  • 酵素・酵母系サプリランキング
  • 腸内環境改善系ランキング
  • むくみ解消サプリランキング
  • 置き換えダイエットサプリランキング

サプリで解決!お悩み解決方法

  • とにかく大幅減量したい
  • 短期間でダイエット
  • お腹の脂肪を減らしたい
  • 健康的に痩せたい
  • 便秘を解消したい
  • 下半身デブを解消したい
  • 太りたくない
  • できるだけお金をかけずに痩せたい