知っておきたい!脚・顔・手・瞼のむくみ対策

脚むくみは、脚、顔、手、瞼、あらゆる部分にできるものです。足や手がむくんでしまうのはイヤですよね。

特に顔や瞼は人に良く見られてしまう部分。むくんでパンパンになった顔を素敵なあの人に見せたくはありませんよね。

そこで当ページでは脚、顔、手、瞼、部位別にむくみの原因と対策をご紹介します。

「脚・顔・手・瞼」部位別に見るむくみの原因

手をマッサージする女性むくみが良くできる部位は、脚、顔、手、瞼です。部位それぞれでむくみができる原因も対策も異なって来ますが、重なる部分もあります。

部位別のむくみをきちんと理解しておけば、正しい対策もできるので知っておいて損はありません。

以下では「脚・顔・手・瞼」部位別に見るむくみの原因を紹介したいと思います。

脚のむくみの原因

脚のむくみ脚のむくみは静脈やリンパの流れが悪くなったりすることでも起きます。他に脚の筋肉が衰えることで起きることが多いようです。

しかし肝臓や腎臓の異常によって脚に起きるむくみもあるので、油断は禁物でしょう。

静脈やリンパ管の流れが悪くなることでむくみに

あなたの周囲で脚にむくみが良くできる人はいないでしょうか?その人は立ち仕事や会社の外を良く歩き回って足を酷使していませんか?

脚にむくみができる人は足を酷使している人に良く見られるようです。足にむくみができる原因として、静脈やリンパの流れが悪くなることが挙げられるでしょう。

動脈や静脈と言った血管、そしてリンパ管は体中に張り巡らされており、もちろん足にも伸びています。

しかし何かしらの原因によって、血やリンパの流れが悪くなることが。リンパの流れが悪くなって起きるむくみとして、リンパ浮腫が考えられます。

デスクワークで一日中ずっと同じ体勢でいる人も、脚のむくみが起きるようです。地球には重力が存在しています。

重力は体内を流れる血液にも影響を与えているんですね。脚の静脈から心臓まで血液を押し上げて戻すためには重力に抗うだけの力が必要となります。

血液を押し上げるため、脚の筋肉、特にふくらはぎがポンプとして働いてくれているのです。しかし血液を押し上げるポンプの力が弱くなったらどうでしょうか。

脚の血液は停滞しがちになるので、心臓へ戻りにくくなってしまいます。それが原因となり、むくみにつながると考えられています。

脚の筋肉が衰えることで脚に水分が溜まりやすくなる

静脈やリンパの流れが悪くなるとむくみが起きやすくなります。心臓から流れる血液は動脈を流れ静脈を通って戻って来ます。

血管は全身に張り巡らされており、もちろん脚にもあるのですが、ちょっと考えてみてください。

脚から心臓までけっこう距離があると思いませんか?しかし脚の指先まで流れている血液は、立っていても重力に抗って静脈を通り体内を上がっていき心臓へ戻って来るのです。

どうやってそれを実現しているのでしょう。それは静脈の血液を押し上げるポンプ機能があるからです。ではこのポンプ機能、どんなものか知りたいですよね。

静脈を流れる血液は、足の筋肉がポンプとなり押し上げられているのです。

足の筋肉、もっと言えばふくらはぎの筋肉が静脈のポンプ機能として働いています。

ふくらはぎの筋肉が静脈をしめつけることで、血液を押し上げる力を生み出しているのです。

だから脚、ふくらはぎの筋肉が衰えると血液を押し上げる十分な力を出すことができません。そのため流れが停滞し、脚に血液や水分が溜まりやすくなってむくみが生じるのです。

顔のむくみの原因

顔のむくみ顔のむくみは女性だけではなく男性でも見た目の面でちょっとイヤになってしまう状態ですよね。

この顔のむくみはどのような原因で出て来てしまうのでしょうか。理解をして対策をすれば顔のむくみに悩まなくて済むかもしれません。

水分や血液やリンパの流れが悪くなっている

細胞と細胞の間には間質液という液体があります。心臓から送られてきた血液は血管外へしみ出て間質液を介し、細胞に栄養や水分を届けてくれるのです。

細胞から出た老廃物は間質液と混ざり合い血液に吸収されることになります。

基本的にこのシステムが正常に働いていて、水分のバランスも保たれているならむくみは生じないと考えられています。

しかしそのバランスが、何かしらの原因によって崩れると間質液へ出る水分が増えてしまってむくみが出て来るのです。

間質液が増加する理由として、血流の悪さも関連しているのではないかと考えられています。

何かしらの原因で心臓が弱ると血液を送り出す力も低下し、血管から必要以上に水分が出てしまうという理由です。

それからリンパ。リンパ管を流れるリンパ液は自ら流れることはないようです。

筋肉を動かしたりすることで流れるものですから、運動不足だと滞りがちになります。そのためむくみになるのも忘れてはいけません。

アルコールが顔のむくみを作り出す

一過性のむくみはお酒を飲み過ぎてアルコールを大量に摂取したことによるものが原因として多いようです。アルコールを摂取すると、血液中のアルコール濃度が高くなりますから血管が広がります。

しかし血管が広がり過ぎた結果、血管の流れがゆっくりになってしまい流れに勢いが無くなるのですね。そうすると水分が滞ってしまうからむくみが生じてしまいます。

さらにアルコールを飲むと眠くなり気づいたら寝ていたなんてことも多いです。立って眠るなんて人はいないでしょう。

しかし寝るため横になると、顔から下へ水分などが流れづらくなり顔がむくんでしまうことがあるようです。

手のむくみの原因

手のむくみある日、手にむくみがあることに気づいたら、腱鞘炎やリウマチではないかと疑っても良いかもしれません。

手のむくみ以外にも、しびれて力が入らない、妙に関節が痛いという症状が出ているようでしたらその可能性が高くなりますので専門医に相談してください。

腱鞘炎やリウマチによるむくみ

腱鞘炎やリウマチもむくみが引き起こされる原因となります。腱鞘炎は腱と腱鞘の間に起きる炎症のことです。

腱鞘は通常、摩擦もなく手指もスムーズに動くのですが、その部分に炎症が起きることがあります。そうすると腱鞘のすべりが悪くなって摩擦が生まれ、その時に痛みが生じるのです。

腱鞘炎の場合、手や指を酷使することによって引き起こされる場合が少なくありません。そのため日常的に手や指を使用することが多い職業の人に多く見られる病気です。

関節リウマチは引き起こされる原因は、まだはっきりとしていないようです。ある説によると、免疫機能に異常が出ているからではないかと考えられています。

免疫機能は体に入って悪さをするウイルスや細菌を退治してくれる大切なものですが、誤作動を引き起こすことがあるのです。

本来は攻撃対象ではないはずの関節組織を免疫機能が敵と勘違いしてしまい攻撃するので、炎症や痛みが起きるのではないかと考えられています。

関節リウマチの症状

関節リウマチの場合、症状は一部の関節だけではなく全身で見られるようです。

手の指や手首やひじ、あごや首、または膝や足首などなど関節がある部分で生じることが知られています。

関節リウマチは関節だけではなく、その付近でも痛みが生じたり腫れが見られるのも特徴です。

他にも左半身に発症した場合、反対の右半身にも症状が出て来るだけではなく、さらに、数週間、月単位以上で持続するのもやっかいな所でしょう。

瞼のむくみの原因

瞼のむくみ顔だけではなく瞼がむくんでしまうことがあります。むくんで腫れぼったくなった瞼は、あまり人には見られたくないものですよね。

この瞼のむくみにはどんな原因があるのでしょうか。

運動不足や不摂生で新陳代謝が低下

瞼がむくむ原因の多くは、不規則な生活習慣と言われています。夜更かしや不摂生な生活が続いていたり、運動をまったくしないことで起きるのです。

仕事や家のことで過労続きになると、新陳代謝が低下してしまい結果として体内に老廃物が溜まってむくみが生じるのです。

食事にも注意しなければなりません。外食ばかりの人は、塩分過多になっていることが多いからです。ファーストフードやジャンクフードは塩分だけではなくカロリーも高いですよね。

塩分を多く摂取することでも、まぶたのむくみが生じることがありますので、日頃から食事のカロリーや塩分には気を付けましょう。

「脚・顔・手・瞼」気軽にできる部位別の対策

対策脚・顔・手・瞼、部位別のむくみ対策をご紹介します。病気が原因になっているなら病院での治療が必要です。

しかし一過性のものでしたら、対策を知り実践することで改善する可能性がありますのでやって損はありません。

脚のむくみ対策

脚のむくみ対策脚のむくみ対策で行いたいのは血流やリンパの流れを良くすることです。マッサージも良いのですが脚の筋肉をつけるための運動もオススメします。

足を動かし刺激をして血液の循環を改善

血液の流れの良し悪しがむくみの発生に大きな影響を与えますので、足を動かし刺激を与えるのは大切です。足を動かすことで血液やリンパの流れに対し改善が期待できるので実践しましょう。

簡単な刺激方法として青竹踏みがあります。青竹を踏んで土踏まずを刺激するだけなので老若男女誰でもでき、踏むという動作自体が足全体を動かすことになるので良い運動になります。

屈伸運動も足を刺激する良い運動です。足の筋肉を鍛えられ、ふくらはぎも刺激します。睡眠時に足枕を使い足を上げた状態にするのも良いでしょう。

足に溜まっていた血液やリンパが流れて足を休めることができるからです。

顔のむくみの改善法

顔のむくみ対策顔のむくみはどんな美男美女でもちょっとかっこう悪いものですよね。顔のむくみが特に気になるのでしたら、改善方法としてツボやマッサージが期待できます。

天窓というツボを押す

天窓というツボがむくみ改善に良いと考えられています。天窓を押すことで顔や頭部の血行が良くなると言われているので顔のむくみに良いでしょう。

天窓の位置をご紹介します。耳の後ろに意識を向けてください。耳の後ろに骨があるはずです。そこからまっすぐ下へ線を伸ばしていきましょう。

今度はのどぼとけを意識してください。耳の後ろの骨から下ろして来た線と喉ぼとけの線が交差する場所があるはずです。そこが天窓。

この天窓を中指の腹でゆっくりと気持ち良くなる程度に押しましょう。

顔を冷やす、温めることで血液の流れを改善

顔を冷やしたり温める方法もなかなか簡単です。顔を温めたり冷やすことで血流を良くしてむくみ改善を目指します。

まず冷たいタオルを用意し、水道水で濡らしてください。夏場では氷水で冷やすのも良いです。その冷たいタオルで顔を冷やしてください。

それから43~45度ぐらいのお湯を洗面器に張ってください。タオルをつけて冷水と同じように温かいタオルを顔に当てましょう。

冷たい水とお湯でそれぞれ20秒3セットを目安にし繰り返すことでむくみ対策になると言われています。

首のリンパマッサージで対策

首のリンパマッサージでリンパの流れを良くするのも良いでしょう。首を5回ほど回してから右に傾けてください。

そうすると首の左側が伸びた状態になります。そのあと左側にも首を傾けてください。今度は右の首が伸びた状態になります。

首を伸ばした後に首から鎖骨に向かうリンパのラインに沿って指の腹を使い、10回ほど上下に優しく撫でていきましょう。

先ほど紹介した顔を冷やす温める対策の前に行うのも相乗効果が期待できますので良いです。

手のむくみ対策

手のむくみ対策手のむくみ対策をするのでしたら、まずリウマチや腱鞘炎の可能性を考えてみてください。一番良いのは早めに専門医へ相談することです。

リウマチや腱鞘炎は早期発見が大事

関節リウマチや腱鞘炎は基本的に早期発見が重要です。関節リウマチは強い炎症が長く続けばそれに比例し関節が壊れてしまからです。

関節は一度壊れてしまうと治療を行ってもそう簡単に治るものではありません。むくみや痛みが出ているなら、進行を食い止めるため一刻も早く沈静化させることが大切です。

姿勢が悪くないかチェック

腱鞘炎によるむくみ対策を考える場合、まずは日常生活で自分の姿勢が悪くないかどうか振り返ってみてください。

仕事をしていると、目の前の作業に夢中となって自分の姿勢が悪くなっていることに気づかないものです。仕事以外でも、あらゆるシーンで気づかないうちに姿勢が悪くなっていることがあります。

例えば育児真っ最中のママさんやパパさんでは、子供を抱きかかえることも多いですよね。

小さなお子さんでも重いため、自分が抱えやすいように抱きかかえることも少なくありません。

しかし楽だと思っていた体勢も、知らず知らず一部の筋肉に過剰な負担がかかっていることがあります。

負担がかかる筋肉だけではなく、首や肩も力が入り緊張するのでコリが発生することも少なくありません。

腱鞘炎は手や指の酷使が多い人に良く見られる病気ですが、そんな仕事もしておらず心当たりがなければ自分が悪い姿勢になっていないか日頃からチェックすると良いです。

瞼のむくみ対策

瞼のむくみ対策瞼のむくみは本当に厄介ですよね。しかし簡単にできる瞼のむくみ対策もあります。その方法を知っていれば、まぶたのむくみに悩まされなくて済むのです。

保湿ケアで血流を良くする

瞼のむくみの原因の一つに、目元の血流が滞っていることが考えられます。瞼の周辺は皮膚が薄い部分なので血流が滞るクマができたりむくみができてしまうわけです。

そのため目元の血流を良くすることで瞼のむくみに対抗できるのです。簡単にできる方法として、保湿ケアが挙げられるでしょう。

化粧水でうるおいを与えるだけではなく、専用のクリームを使って保湿をしてみてください。

そうすると滞っていた目元周辺の血流に良い影響を与えますから、瞼のむくみ対策になるのです。

保湿ケアをする前に、目の周囲をマッサージしてから行うと相乗効果が期待できます。

まとめ

このテーマのまとめむくみは部位それぞれに原因が異なっていたり重複していることもあります。重要なのはむくみが病気によるものか一過性のものかです。

病気によるむくみかどうかきちんと確かめるには、病院に行って医師に診断をしてもらいましょう。

早期発見をすることで病気の進行を防げます。その点も考慮して、油断せずむくみと向き合ってください。

ジャンル別ランキングで探す

  • 燃焼系サプリランキング
  • カロリーカット系ランキング
  • 酵素・酵母系サプリランキング
  • 腸内環境改善系ランキング
  • むくみ解消サプリランキング
  • 置き換えダイエットサプリランキング

サプリで解決!お悩み解決方法

  • とにかく大幅減量したい
  • 短期間でダイエット
  • お腹の脂肪を減らしたい
  • 健康的に痩せたい
  • 便秘を解消したい
  • 下半身デブを解消したい
  • 太りたくない
  • できるだけお金をかけずに痩せたい