乳酸菌の摂取量ってどれくらいがいいの?目安量をご紹介!

乳酸菌の入ったヨーグルト乳酸菌は健康によく摂取しておけば腸内環境を整えくれる優れもの。日々の食事の中で乳酸菌を摂取する機会を増やすだけでも、健康面では違いが出てくるものです。

乳酸菌が含まれている食品といえばヨーグルトや発酵食品、チーズなどが定番ですが、摂取量の目安はどれぐらいなのかご存知でしょうか。

いくら体にいいからといっても食べ過ぎはよくないので、いくら体によい乳酸菌でも摂取量は適度に調整していきましょう。

当ページでは、乳酸菌の摂取量の目安から、生菌と死菌について、具体的な効果について紹介していきます。

乳酸菌の摂取目安量はどれぐらい?

目安量イメージ画像乳酸菌の摂取量目安量に関してですが実は正規に定められたものがなく、様々な意見が存在しています。

1日に乳酸菌を含む食品を100~200グラムを摂るとよいという意見をよく目にしますが、乳酸菌に関しては製品の量ではなく含まれている乳酸菌量を気にするべきです。含まれている乳酸菌量によりどれくらいの量を採るべきであるかが異なるためです。

最近では、乳酸菌が有効的に働くためには死菌は毎日1兆個を摂る必要があると言われています。生菌に関してはより多くの生菌を摂るべきだとは言われていますが具体的な数値に関しては未だ不明とされています。

乳酸菌摂取の際に知っておきたい生菌と死菌の話

プロバイオティクス乳酸菌には生菌と死菌があることはご存知でしょうか。乳酸菌を意識的に摂取しようと考える場合にこの生菌と死菌のことを知っておく必要があります。この2つの違いについて少し説明したいと思います。

生菌とは?

生菌は乳酸菌の中でも生きている菌であり、プロバイオティクスという呼び方もされます。

生菌の状態で乳酸菌が腸に届くことはほとんどない(約10%)と言われており、無事に生きたまま腸にまで届いた乳酸菌たちのことを生菌と呼ぶのです。

生菌は腸にたどり着くと、悪玉菌のエネルギー源となるタンパク質を除去したり、悪玉菌が腸内で増殖するのを防いでくれます。

腸内環境を整えたいときには生菌を摂取していくと効率が良くなるのです。

死菌とは?

死菌とは死滅してしまった乳酸菌のことを指しています。そして、死菌となってしまっても腸に悪影響を与えることはなく、食物繊維と同じような働きをしてくれます。

生菌によって流されてきた悪玉菌を外へ排出する役目であったり、善玉菌のエサとなり、免疫力も高めてくれます。つまり死菌と呼ばれているにも関わらず、しっかり体内では活躍してくれているのです。

乳酸菌は毎日摂取することが大事

毎日摂取する必要性乳酸菌においては継続摂取が非常に重要です。質のよい乳酸菌や自分の体に合っている乳酸菌と出会えても毎日きちんと続けて摂取していかないと乳酸菌の効果は薄れてしまいます。

乳酸菌の積極摂取を意識する場合、最低でも約2~3週間は頑張って継続摂取するようにしてみましょう。その間に何かよい変化が現れたら自分に合った乳酸菌であると言えます。

期待できる乳酸菌の効果

乳酸菌の効果続いて乳酸菌を摂取していくとどんな効果が期待できるかを紹介したいと思います。

肌トラブルや便秘改善

乳酸菌が腸内に到達すると悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やして行ってくれます。腸内に溜まっている老廃物もすっきり外に出していってくれるようになるのです。

ここから、ニキビや吹き出物といった肌トラブルや便秘も改善されてきます。腸内環境が悪化している状態では悪玉菌が優勢となり、腐敗物や有害ガスがあふれています。これではお肌にも腸内の状態は現れてきて、ニキビなどの肌荒れに悩むようになります。

さらに、腸内に老廃物が溜まっているということはつまりは便秘を指しているので、体にとってよいことではありません。

その肌トラブルや便秘についても乳酸菌を摂取して腸内環境を整えていくと解決するので、今便秘と肌荒れの両方に悩んでいるのなら、乳酸菌のある生活を始めてみると改善する可能性が高いです。

ダイエット効果

乳酸菌を毎日きちんと摂取していくと、ダイエット効果も期待できます。これは、乳酸菌が腸内の善玉菌を増やして、老廃物を外に出してくれるからです。

また、ダイエットをするとき食事制限をする人も多いと思います。しかし、食事制限は食物繊維やオリゴ糖といった体に必要な栄養素を得ることが出来ない状況になってしまい便秘に陥りやすくなります。

これではダイエットどころか腸内に便を溜めることになるので逆効果です。乳酸菌の積極摂取で腸内環境を改善すると老廃物は外にすっきりと出してダイエットも効率よく進めることが可能です。

病気の予防

乳酸菌を継続して摂取すると、病気の予防にもつながります。これは、乳酸菌自体に病原菌から体を守ってくれる力や腸内の腐敗を抑制する力、ビタミン生成や免疫力向上といった働きが備わっているからです。

実際に乳酸を摂取するようになってから、風邪をひきにくくなった、インフルエンザの症状が軽くなったという結果も出ています。

まとめ

テーマのまとめ乳酸菌は摂取量の目安こそきちんと決まっていないものの、毎日継続することで私たちの体を健康的にしていってくれます。

乳酸菌は生菌でも死菌でもそれぞれ働きを持っていて、腸内では活発に活動しています。乳酸菌は善玉菌を増やして悪玉菌の力を抑制してくれる大切な存在です。

乳酸菌を摂取していると、肌荒れや便秘に悩むことも少なくなり、ダイエット効果もしっかり実感できるのでメリットづくしと言えるのです。

様々な栄養素は常に意識高くバランスよくとることが必要ですが、その中でも乳酸菌は意識を高めて摂取していきたいですね。

最近では乳酸菌の研究も進み、生きたまま腸まで届く乳酸菌が分離されたり、胃や十二指腸で溶けず腸で溶けるカプセルを使用した乳酸菌配合サプリメントなども多くあります。

日常の食生活だけではカバーしにくいと判断した場合、サプリメントの積極活用もおすすめです。

2017年2月13日 乳酸菌の摂取量ってどれくらいがいいの?目安量をご紹介! はコメントを受け付けていません。 乳酸菌 腸内環境関連情報