『医薬品』とは?

医薬品について説明ページのヘッダー画像

風邪を引いたなど体の調子が悪いとき、どんな薬を飲みますか?病院に行くときちんとした薬をもらえるから早めに行くという人もいれば、とりあえずは自宅にある薬局で購入したものを飲むという人もいるでしょう。

では、医薬品がどういう薬まで当てはまるか考えたことはありますか?普段何気なく飲んでいる薬は医薬品なのでしょうか?

ここでは医薬品の定義や種類、医薬品とサプリメントの違いについても触れていこうと思います。医薬品について正しく知って使い方を守らないと副作用が出てくることもあるので、しっかりと知っておきたいですね。

医薬品とは?

医薬品の画像

医薬品とは字の通り病院で医師が処方してくれる薬になります。

病院で処方してもらう薬って薬局では手に入らないですし、効き目もしっかり感じられますよね。専門的に調合してあったり、体に安全な薬となっています。

また医薬品には病院で処方してもらう薬だけでなく、薬局に売っている風邪薬や目薬、頭痛薬なども当てはまるのです。

薬局のレジの奥には薬がたくさん並んでいると思いますが、あの部分の薬が医薬品になるのです。薬局では店員に伝えて取ってもらうシステムになっています。

医薬品に配合されている成分については確かに有効であると実証されており、病気の予防や治療に利用できます。

医薬品の中には病院でしか出してもらえない薬もあります。

医薬品には大きく2種類ある

一般医薬品と医療用医薬品の2種類があることを示した画像

医薬品の定義として主に病院で処方してもらう薬と薬局に並んでいる風邪薬などがあるということですが、その2種類についてより詳しく見ていきましょう。

医師が処方する薬(医療用医薬品)

医師が病状に応じてこの薬を出してくださいと指示を出す「処方箋」が必要になります。医師の「処方箋」に基づき薬剤師が調剤し患者の手元へと渡されます。

医師が処方する薬がいわゆる医薬品なので、字からしてもすんなりと理解できます。

しかし、医師が処方する薬は全て医薬品に当てはまるのですが、この医薬品の中にも種類があるのです。

新薬と言われる「先発医薬品」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」とに分けられます。

新薬は日本で最初に発売された薬であり、特許を出願してから約20年間開発したメーカーが製造と販売をできるようになっています。

一方、ジェネリック医薬品は新薬の特許期間が過ぎた後に、厚生労働省の許可によって製造、販売を続けることができるものになります。製造から期間も経っていることで開発費を大幅に削減できるため、新薬に比べるとコストがかかりません。

新薬と同じ成分や効き目であるのに薬の価格を抑えることができるので、今ジェネリック医薬品は注目されています。(調剤薬局などでもかならずジェネリックでもいいかどうかの確認をされると思います。)

いくつかの種類の薬を飲んでいる人にとっては薬代だけでも高くついてしまいます。

そんな時にもジェネリック医薬品をお願いすることで費用を抑えられるので安心して飲み続けることが出来るのです。安全性についてはジェネリック医薬品になっても変わりないので心配いりません。

薬局で購入できる胃腸薬や風邪薬など(一般医薬品)

医薬品には薬局で購入できる薬も当てはまるということでした。では、薬局で手に入る薬で医薬品と呼ばれているものにはどんなものがあるのでしょうか?

薬局で購入できる医薬品については、「一般用医薬品」や「OTC医薬品(Over The Counter)」があります。

一般用医薬品は自分の不調を改善するために利用したい薬を伝えることで購入ができるようになっています。たとえば、頭が痛いときは頭痛薬をお願いすれば購入できます。

しかし、OTC医薬品はカウンターできちんとアドバイスを受けないと出してもらえない薬になっています。要指導医薬品という言い方もされ、一般用になってまだリスクが確定していないもの、劇薬などがあります。

薬局においても常駐している薬剤師の説明をきちんと聞いた上でOTC医薬品は購入できます。OTC医薬品に含まれる具体的な薬には、むくみを改善する薬や一部のアレルギー薬、劇薬といったものがあります。

一般用医薬品については、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品と3つに分けることができます。第1類医薬品が一番リスクが高くなり、OTC医薬品と同じように薬剤師の説明を受けて承諾した上でないと購入できません。一部の育毛剤やニコチン貼付剤などが当てはまります。

次に第2類医薬品は薬剤師がきちんと情報を提供するようにしないといけない薬になります。これには風邪薬や鎮痛剤が当てはまります。

最後の第3類医薬品には薬剤師たちは情報を提供する必要はありませんが、疑問点などあればその都度確認してから購入できます。主に整腸剤やビタミン剤などがあり、リスクは低く多くの人に安心して利用できるものになります。

このように、薬局で購入できる医薬品についても分類があるので、いつも症状に合ったものを選んでいる薬がどのような分類になっているのか考えてみるのも良いでしょう。

医薬品とサプリメントの違い

医薬品とサプリメントのイメージ画像

医薬品の中にも細かく分類があるので、いつも飲んでいる薬がどの中に含まれるのか振り返ってみると、薬の効き目や危険性などについて知ることができます。

では、医薬品とサプリメントの違いはどんな点があるのでしょうか?

医薬品は病気の予防や治療に使用される薬です。

効果や副作用についてもきちんと実証されており、安全性についても確かめられている薬になり、厚生労働大臣や知事から承認されたものになっています。

医薬品には含まれている成分にもサプリメントとは違いがあります。自然由来の成分はほとんど入っておらず、医師しか処方できない薬の種類もたくさん存在します。薬局でも一部の医薬品は取り扱っていますが、薬剤師から説明を受けた上でないと購入できないものもあるので症状を伝えてより最適な薬を選んでもらうことになります。

一方、サプリメントでは日頃の栄養不足を補うためのものです。

医薬品との大きな違いは、病気の治療をするのではなく、病気になる前の段階の健康管理に活用できるものなのです。

自分自身に備わっている免疫力を高めたり、病気の予防もしていってくれます。そして、医薬品が自然由来でない成分を使っていたのに対して、サプリメントの場合は自然由来の人間の体に優しい成分で作られています。

よって、サプリメントは薬ではなく1つの食品として考えられることも多いのです。サプリメントは薬局や通販でも手軽に購入することができ、自分が補いたい栄養素を中心に選んでいけば良いので誰でも簡単に利用できるのです。

医薬品とサプリメントには大きな違いがあるので、その違いを理解して普段の利用の仕方を正しく行っていきましょう。

医薬品とサプリメント併用時の注意。

医薬品とサプリメントの併用イメージ画像

サプリメントの副作用でも例をあげていますが、医薬品とサプリの飲み併せにより、思わぬ副作用を呼ぶ事があります。

医薬品とサプリメントの併用については、医薬品については必ず医師または薬剤師指導のもとご利用頂くようにしてください。

まとめ

医薬品、よく見かける言葉ですがその中身をじっくり考えたことのある人は少ないでしょう。

医薬品といっても病院で処方されるものも薬局で購入できるものもあるので、自分の症状に応じて使い分けることが大切です。

胃腸薬や頭痛薬は薬局で購入できる医薬品で様子を見て、風邪やインフルエンザについては病院で出してもらう薬を飲んで治すといった人もいるでしょう。医薬品を上手に使い分けることで薬代も抑えられます。

そして、医薬品とサプリメントの違いを知って正しく使用するのも大切です。

サプリメントは毎日健康管理のために飲んでも構いませんが、医薬品は基本病気の症状が出ている時に限るので毎日飲むものではありません。医薬品の種類や安全性を知って適度な頻度で症状が出たときにのみ使用するようにしましょう。

併せて下記もご一読ください。

当サイトではサプリメントは、「健康補助食品」、「栄養補助食品」、「栄養調整食品」「特定保健用食品」「栄養機能食品」「機能性表示食品」をサプリメントとして捉えています。

ジャンル別ランキングで探す

  • 燃焼系サプリランキング
  • カロリーカット系ランキング
  • 酵素・酵母系サプリランキング
  • 腸内環境改善系ランキング
  • むくみ解消サプリランキング
  • 置き換えダイエットサプリランキング

サプリで解決!お悩み解決方法

  • とにかく大幅減量したい
  • 短期間でダイエット
  • お腹の脂肪を減らしたい
  • 健康的に痩せたい
  • 便秘を解消したい
  • 下半身デブを解消したい
  • 太りたくない
  • できるだけお金をかけずに痩せたい