サプリメントの形状ごとの特徴を知ろう

サプリメントの形状ごとの特徴

サプリメントは効果ももちろんですが、飲みやすさも重視している人は多いでしょう。毎日続けるものなので、飲みにくいと続けにくくなります。

そんなサプリメントにも錠剤やカプセルタイプだけでなく、粉末や液状になっているものもあるのです。どれを選ぶかによって効果の出方にも違いがあるのか気になりますね。

また、使いやすさから選ぶ際におすすめなサプリメントの形状もあります。ここではサプリメントの形状を中心に、効果の出方や使いやすさについても触れていきます。

サプリメントには4つの形状がある

サプリメントの形状は大きく分けて4種類あります。さっそくサプリメントにはどのような形状があるのか見ていきましょう。

錠剤タイプ

錠剤タイプのサプリメント

多くの人が利用しているのが、この錠剤タイプになるでしょう。水があれば飲める錠剤は持ち運びに便利です。必要な分だけ携帯することもできるので、外出先でも利用できます。

この錠剤タイプは口の中で溶けるものが多く飲みやすいという特徴があります。錠剤タイプのサイズは商品によって異なります。

見た目が大きいなと感じるものもあれば小さい粒で飲みやすく作られているものもあります。
錠剤を飲むのが苦手という人は小さめサイズのものを選ぶと続けやすいでしょう。

溶けやすいのでサプリメントとしての効果も比較的早く感じることができます。

カプセルタイプ

カプセルタイプのサプリメント

続いて、カプセルタイプのサプリメントもあります。錠剤の次にこのカプセルタイプになっているサプリメントが多いと言われています。

楕円形のような形になって、中に液状または粉末状の成分が入っています。

錠剤のように口の中で溶けるとまではいかず、体の中に入っていてカプセルが溶けるようになっています。

カプセルは錠剤よりは少しサイズが大きくなってしまい、固く作られているので、飲む時に喉につっかえて飲みにくいと感じてしまう人もいるようです。

サプリメントを選ぶ際には、カプセルタイプと記載がきちんとされているので、苦手な場合には避けるようにすると安心です。

カプセルタイプにはハードカプセルとソフトカプセルの2種類があります。

ソフトカプセルの特徴

ソフトカプセルのサプリメント

ソフトカプセルはゼラチンで覆われたカプセルのことを言い密閉力の高さが特徴です。

密閉力が高いため原料成分(中身)の変化や劣化に強く品質保持をしやすいという点と表面がツルっとしているために喉に引っかかりにくく飲みやすいメリットがあります。デメリットとしてはゼラチン分だけ1粒あたりの原料成分の配合量が少なるなる点があります。

ハードカプセルの特徴

ハードカプセルのサプリメント

ハードカプセルは原料成分を粉末状のままゼラチンのカプセルで包み込んでいます。そのため中に粉末状の原料成分を加工することなく入れることが可能です。もともと粉末化された原料成分に関しては製品製造時に加工して劣化させることがない点がメリットです。

粉末タイプ

粉末タイプのサプリメント

次に、粉薬のように粉末状になっているサプリメントもあります。一番有名な商品が青汁でしょう。青汁は1包ずつ包装してあり、水に溶かして飲むのが一般的ですが、開けた時は粉末状になっています。

粉薬と同じように、まず粉末を口に含んでから水で流し込むという利用の仕方もあります。錠剤やカプセルが苦手という人には、粉末状の方が細かくなっているので飲みやすく感じるかもしれません。

ただし、味がしっかり出ているサプリメントだと粉が口の中に広がった時に飲みにくく感じてしまうこともあるでしょう。

液状タイプ

液状タイプのサプリメント

最後に、サプリメントの形状としては少しマイナーになる液状タイプについて紹介しましょう。

液状タイプでわかりやすいのが、今女性の間で流行っている酵素ドリンクです。美容やダイエットに良いとされ注目を集めていますが、液状タイプのサプリメントは水分を補給する感覚でそのまま飲めるので便利です。

また、酵素ドリンク以外にもコラーゲンドリンクなど美容に関する成分が配合されて、飲みきりサイズの瓶に入っている商品もあります。これらもサプリメントに含まれるのです。

美容や健康に良いだけでなく、おいしく飲めるように味付けも考えてあるのでサプリメントもおいしく利用したい際にはおすすめの形状となっています。

使いやすさから選ぶのもポイント

使いやすさイメージ画像

サプリメントにはさまざまな形状があり、選び方は人それぞれ基準が異なると思いますが、使いやすさという点から選ぶと長く1つのサプリメントを続けることができます。

カプセルや錠剤、粉末タイプは持ち運びできる

カプセルや錠剤タイプのサプリメントは持ち運びに便利という点がメリットとして挙げられます。

たとえば、仕事で出張の際にも持っていくことができますし、旅行の際にも必要な分だけ計算してケースに入れていくと毎日欠かさず飲むことができます。

水さえあれば飲めるので、出先でも困りません。ペットボトルの水を持っていても飲めますし、お店で出される水を利用して飲んでおくこともできます。

シーンを問わず飲めるという点がカプセルや錠剤の特徴と言えるのです。

よって、外出する機会が多い人にとっては便利な形状と言えるでしょう。

おやつ感覚で利用するならゼリーや液状がおすすめ

健康や美容のことを意識して利用するサプリメントもせっかくならおいしくおやつ感覚で利用したいと考える人もいるでしょう。

そんなときにはゼリー状や液状になっているサプリメントがおすすめです。

どちらもフルーツ味などにアレンジしてあり、そのまま飲んだり食べたりしてもおいしいと思えるように作られています。

液状はジュースを飲む感覚で飲めてしまいますし、ゼリー状のサプリメントはおやつに利用することもできます。

ダイエットを意識している人にとっては、低カロリーのおやつの代わりにも活用できるので便利でしょう。

形状によって効果は異なるのか

結果を示す画像

サプリメントの形状は数種類あり、それぞれ利用の仕方によってふさわしい形状がありました。では、形状によって効果も異なるのでしょうか?

液体はスピーディーに吸収される傾向アリ

サプリメントにおいては継続することで徐々に効果を得られるようになっていますが、それでも少しでも即効性を感じたいと考えている人もいるでしょう。

そんな時におすすめとなっているのが液状のサプリメントです。

商品によっては飲んで次の日には変化を実感できるというものもあります。水分を取る感覚でそのまま飲めるので、体内にスピーディーに吸収されていくのです。

即効性を期待するのなら、サプリメントでも液状タイプを選んでみるとよいでしょう。

即効性よりも続けることが大切

サプリメントにおいて液状タイプが即効性が期待できると言われており早く効果が出るサプリメントが嬉しいと感じてしまいますが、即効性ばかりに期待するのではなく、継続することが大切です。

継続していることでサプリメントの効果も徐々に感じられるようになってきます。自分のライフスタイルに合ったサプリメントの形状で、即効性ばかりではなく長期的に続けられるものを選ぶようにしていきましょう。そうすれば、サプリメントのおかげで健康だと感じられる日が続くようになります。

まとめ

このテーマのまとめ

サプリメントと一言にいって形状にもいくつか種類があります。

今飲んでいるサプリメントであまり効果を得られないときや飲みにくいと感じる形状になっている場合には、もう一度自分にふさわしいサプリメントがどれか検討してみるのがよいでしょう。

飲みやすくて体に合っていると感じられると、長く1つのサプリメントを継続できます。そうすることで健康への効果も期待できるようになるので、サプリメントの形状にもこだわって商品を選んでみましょう。

自分の生活スタイルに合った形状のサプリメントを選ぶと、どんな時でも忘れずに飲むことができます。

人によって生活は異なるので、自分に合った形状のサプリメントと出会えるように吟味してみましょう。

サプリメントは飲んでいると偏りがちな栄養素をバランスよく補給してくれます。

食生活だけでは十分な栄養素を摂ることが出来ない現在人には欠かせない存在にもなっているので、できるだけサプリメントの力を感じられるように形状にもこだわってみると良いのです。

ジャンル別ランキングで探す

  • 燃焼系サプリランキング
  • カロリーカット系ランキング
  • 酵素・酵母系サプリランキング
  • 腸内環境改善系ランキング
  • むくみ解消サプリランキング
  • 置き換えダイエットサプリランキング

サプリで解決!お悩み解決方法

  • とにかく大幅減量したい
  • 短期間でダイエット
  • お腹の脂肪を減らしたい
  • 健康的に痩せたい
  • 便秘を解消したい
  • 下半身デブを解消したい
  • 太りたくない
  • できるだけお金をかけずに痩せたい